総合トップへ
ホーム  >  食品 [ 食品の栄養や機能性について ]

食品

全51件 (21~30件)
ハウスみかん(Satuma mandarin cultivated in plastic greenhouses.)
ビタミンCのほか、みかんの袋や白い筋の部分には食物繊維がたくさん含まれています。
清見(Kiyomi)
ビタミンCをたっぷり含み、ビタミンAやE、食物繊維も豊富な清見。1998年、発ガンを抑制する効果が高い物質として発見されたβクリプトキサンチンも含まれています。
河内晩柑(Kawachi Bankan)
ビタミンCが豊富に含まれる河内晩柑。
梅(Japanese Apricot)
クエン酸、リンゴ酸、コハク酸などの有機酸を多く含んでいるため、疲労回復や殺菌効果を発揮します。
キンカン(Kumquat)
ハウスキンカンには、カルシウム、カリウム、ビタミンCなどが豊富に含まれています。
ぶどう(Grape)
「肉料理が大好きなフランス人が心臓病になりにくいのは、たくさん赤ワインを飲んでいるから」という研究結果が発表され、日本でも赤ワインブームが起こりました。
ブルーベリー(Blueberry)
ブルーベリーに大量に含まれるアントシアニンという色素は人間の目に良いと言われ、目の疲れなどに効果が期待されています。
もも(Peach)
果肉に含まれるリンゴ酸は血をきれいにする働きがあり、食物繊維やペクチンはコレステロールを減らして便秘の予防につながると言われています。
甘夏みかん(Amanatsu)
甘夏みかんにはビタミンCが豊富に含まれ、風邪の予防や腸の働きを活発にします。また独特の酸味はクエン酸で、疲労回復や肩こりに効果があると言われています。
くり(Chestnut)
食物繊維をはじめビタミン類(B1、B2、C、Dなど)やカリウムのほか、現代人に不足しがちな微量要素の亜鉛も含まれ、美容や風邪の予防、疲労回復などに効果があると言われています。