総合トップへ
ホーム  >  食品 [ 食品の栄養や機能性について ]

食品

全51件 (41~50件)
麦(Wheat)
大麦を使った麦飯は黒っぽく、白米のような色をしていないのはポリフェノールという色素のため。
大豆(Soybean)
自然志向・健康志向が高まるなか、とくに注目される大豆の効果。納豆や豆腐・油揚げをはじめ、味噌やしょうゆ、湯葉、きなこ、おからなどの加工品は昔からおなじみのものばかり。
米(Rice)
お米には私たちの体に必要なたくさんの栄養素、例えば栄養バランスの基本となるたんぱく質、炭水化物、脂質をはじめ、カルシウムや鉄分、ビタミンなどがつまっています。
いぐさ・畳表(Rush・Tatami mat)
二酸化窒素やシックハウスの原因とされる化学物質を吸収します。また、いぐさの断面はスポンジのようになっているので、その中に含まれた空気がフワフワの羽毛布団のように適度な温度を保ちながら、室内の湿度を調節します。
茶(Green Tea)
渋みのもとであるタンニンの主成分「カテキン」はガン細胞の増殖を押える働きがあるほか、血圧・血糖の上昇を抑制する作用があります。
牛乳(Milk)
◎牛乳のカルシウムは吸収されやすいのですか?  普通の牛乳1本(200cc)には、およそ220mgのカルシウムが含まれています。
豚肉は疲れた現代人の体を回復させる心強い味方! 豚肉はビタミンB1含むので、疲労回復にとてもいいのです。
高品質鶏肉(Chicken)
高タンパクで低脂肪、低カロリーの鶏肉には、脂肪の蓄積やコレステロールの増加を抑えるα(アルファ)リノレン酸がほかの肉より約7倍も含まれています。
牛肉
人間には体内で作り出せず、食物から摂取しなければならない栄養素がいくつかあります。その一つが必須アミノ酸。
馬肉(Horse meat)
私たちのエネルギー源であり、旨みのもとでもあるグリコーゲンは牛肉の約3倍、貧血を予防する鉄分も牛豚肉の約3倍も含まれています。