総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  メロン(Melon)

農産物(県産品)

メロン(Melon)

2014年11月10日(月)

段落タイトルを記述します

メロン

全国でも屈指のメロン王国―くまもと。年間を通じて「アールス」をはじめ、「プリンス」、「アンデス」、「肥後グリーン」など、多くのメロンを全国に出荷しています。なかでも「アールスメロン」は管理がとても難しく、生産者の徹底した管理体制と高度な生産技術によって生まれる芸術品。だからギフト用高級メロンとして百貨店などでも販売されているわけです。

 

栄養価 食品成分

(科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用 可食部100グラム当たり)  温室メロン 生

 ・エネルギー42kcal ・水 分87.8g ・蛋白質1.1g
 ・脂 質0.1g ・炭水化物10.3g ・灰 分0.7g
 ・カルシウム8mg ・リ ン21mg ・鉄0.3mg
 ・ナトリウム7mg ・カリウム340mg ・マグネシウム13mg
 ・亜 鉛0.2mg ・銅0.05mg ・カロテン33μg
 ・ビタミンB10.06mg ・ビタミンB20.02mg ・ナイアシン0.5mg
 ・ビタミンC18mg ・食物繊維0.5g  

注意:この成分値は、画面で紹介している農産物の分析値ではありません


 

生産の様子

 

土づくり(土壌消毒) 整枝(芽かぎ)作業交配(ミツバチ)

◆土づくり(土壌消毒)

定植の20日程前に土壌消毒が行われます。県下では太陽熱消毒が主で、畝(うね)の間に水を溜めてビニールで覆い、ハウスを昼夜密閉状態にして20~30日間高温処理します。日中、ハウス内の温度が80℃近くなることもあります。太陽熱を土壌中に伝導・蓄熱することにより地温の上昇を図り、病原菌やセンチュウを死滅させ、土を健康な状態にします。

◎センチュウ-作物の根を侵して被害を及ぼす虫。

◆整枝(芽かぎ)作業

開花の頃―ハウスにミツバチの巣箱を導入します。また、ミツバチを放す前になるとメロン苗のツル一本に3個の雌花を残して、それ以外の雌花の付くわき芽をすべて取り除きます。

◆ 交配(ミツバチ)

花の開花2~4日前になると、巣箱からミツバチを放して受粉を促します。雌花の開花日数はたった2~4日間。その間に天候が悪かったり、気温が低かったりするとミツバチの動きが鈍くなり、交配率も低下してしまいます。


 

摘果玉つりネット

◆摘果

受粉後約3~5日。この頃になると1つの株に1つの果実を残して、あとはすべて取り除く摘果作業を行います。果実の充実を図り、消費者の嗜好にあった大玉のメロンをつくるためです。

◆玉つり

大切に育てている果実が、成育過程で傷ついたり、枝から折れないように、果実1個1個をひもでつって支えます。

 

◆ネット

受粉後約18日頃からツルンとしたメロンに縦ヒビが発生してきました。これがアールスメロンの特徴である網目模様のはじまりです。横ヒビが入り、次第に果皮が盛り上がり、果肉も成熟していきます。


袋かけ収穫

◆袋かけ

メロンの外観を美しく仕上げるため、表面にネットが出てきて交配後25~30日頃にメロン果実全体を新聞紙で覆います。

 

◆収穫

力強くネットが盛り上がり、いよいよ収穫の時期がきました。みずみずしさを保つため、アンテナのように双方向に伸びた軸の部分は果実から切り取らず、傷がつかないように大事にコンテナに入れて収穫します。


 

食品の栄養や機能性

 

メロンの豆知識

メロン

◎別名
アールスメロンはMusk(じゃ香)のように甘くて、香り高いことから別名「マスクメロン」とも呼ばれています。

 

◎見分け方・選び方
アールスメロンは全体的にネットがよく出ていて、表面にハリがあるもの。また、メロンの形がまん丸ならば、味わい・風味も豊かでしょう。

 

◎保存方法
メロンの底を指で押してみて下さい。弾力が出てきて、香りが強くなってきたら食べ頃です。また、室温で追熟させ、食べる1~2時間前に冷蔵庫で冷やしておけば、甘くておいしいメロンがより一層楽しめます。


 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。