総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  レンコン(Lotus root)

農産物(県産品)

レンコン(Lotus root)

2014年11月17日(月)

大地の栄養をたっぷり吸収したレンコンは、淡白だけど深い味わい―。サクサクっとした柔らかな歯ごたえは焼いたり、茹でたり、炒めたり、皆さんのアイデア次第でいつもと違った味わいを楽しめます。

 

穴のあいた独特の形のレンコンは熊本名物「からし蓮根」をはじめ慶事や正月、精進料理の素材として活躍する伝統野菜の一つです。

穴のあいた独特の形のレンコンは熊本名物「からし蓮根」をはじめ慶事や正月、精進料理の素材として活躍する伝統野菜の一つです。

淡紅色や白色の美しい花を咲かせるハスの地下茎が「レンコン」。私たちの食生活に溶け込んだなじみ深い根菜です。県下では昭和24年頃から熊本市西部の有明海に面する干拓地で盛んに栽培が行われており、その後は海沿いの暖かい気候とハウス栽培を組み合わせた「早だしレンコン」の産地として、全国的に最も早い時期(5月中旬頃)に出荷を始めるようになりました。秋口からは熊本市のほか宇城地域などで栽培されている露地レンコンの出荷が始まります。
 

栄養価 食品成分

 ・エネルギー66kcal ・水 分81.5g ・蛋白質1.9g
 ・脂 質0.1g ・炭水化物15.5g ・灰 分1.0g
 ・カルシウム20mg ・リ ン74mg ・鉄0.5mg
 ・ナトリウム24mg ・カリウム440mg ・マグネシウム16mg
 ・亜 鉛0.3mg ・銅0.09mg ・カロテン3μg
 ・ビタミンB10.10mg ・ビタミンB20.01mg ・ナイアシン0.4mg
 ・ビタミンC48mg ・食物繊維2.0g  

注意:この成分値は、画面で紹介している農産物の分析値ではありません

 

生産の様子

 

種芋植付収穫

◆種芋植付

生産者は、たい肥を入れて、土壌を深く耕したほ場に、長い生育期間に耐えうる健全で充実したレンコンの植え付けを、ハウス栽培では2月下旬、露地栽培は4月下旬頃から始めます。その後、茎が肥大し葉が肥大するまで浮草や雑草の除草を行ったり、水管理や肥料を与えるなどの作業を行います。

◆収穫

昔は、泥のなかに深く埋まっているレンコンを、手で掘り取っていましたが、最近はポンプを利用しホースで泥の中に勢いよく水を加え、レンコンを浮かび上がらせる「水掘り」の方法が導入されています。このため生産者の労働負担が軽くなり、効率的に作業が進むようになりました。収穫は5月中旬頃からハウス栽培が始まり、9月中旬頃の露地栽培へと続き翌年の3月まで行われます。


 

生産の工夫

 

出荷調整作業害虫防除

◆出荷調整作業

関東方面に出荷するレンコンは、掘り取ったあときれいに水洗いし、根の部分を切り取ります。そして、規格ごとに選別されたレンコンを次々と箱詰めし、表面が乾かないよう保水シートを入れ、仕上げに半分に折ったレンコンの葉をのせて出荷します。
鮮度を保ちながら高品質のレンコンを出荷するため関東方面へは航空機で、それ以外の市場へは、泥付きのまま箱に詰め、トラック便で出荷します。

◆害虫防除

支柱に何か吊り下げられていますね。これはフェロモントラップといいます。レンコンに被害をもたらす害虫(蛾)のメスから発散するにおい(フェロモン)に似た化学合成フェロモン剤を使い、オスの蛾を誘い出して捕獲(トラップ)し、害虫の繁殖を抑えます。農家の人たちは、このような減農薬栽培のための生産技術を取り入れながら、安心・安全なレンコン栽培に励んでいます。

 

食品の栄養や機能性

 

レンコンの豆知識

穴のあいた独特の形のレンコンは熊本名物「からし蓮根」をはじめ慶事や正月、精進料理の素材として活躍する伝統野菜の一つです。

◎縁起物のレンコン
神秘的な美しい花を咲かせ、種が多いことから、「多産」の民族信仰につながりました。また、穴があいていることから「先が見える」、「見通しがきく」と縁起の良い食べ物とされ、慶事に欠かすことができません。

 

◎からしレンコン
名物・麦みそに和からしを混ぜてレンコンの穴に詰め、衣をつけて油で揚げた「からしレンコン」。玄宅和尚が、病弱だった熊本城主・細川忠利に造血剤としてレンコンを食べるようにすすめ、藩のまかない方が工夫したものです。やがて城主は剛健になり、これが郷土名物になりました。

 

◎選び方
節と節の間が長く、ゆがみの少ない円筒形のもの。しっとりとつややかなレンコンを選びましょう。また、切り口が茶色に変色していない、自然な肌色をしているものが新鮮です。

 

◎保存方法
丸ごと保存する場合には冷蔵庫の野菜室で。半分ほど残ったレンコンは、切り口をラップで包んで変色を防ぎます。また、皮をむいたものは、密閉容器に入れてレンコン全部がつかるように水を張って冷蔵庫で保存して下さい。ただし変色は防げますが、ビタミンCが減少するので、翌日にはできるだけ使い切りましょう。


 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。