総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  高品質鶏肉(Chicken)

農産物(県産品)

高品質鶏肉(Chicken)

2014年11月17日(月)

熊本県では、「熊本コーチン」と「天草大王」という2つの高品質肉用鶏をつくりました。その肉は、適度な歯ごたえと鶏肉本来のコクとうま味が凝縮されています。

熊本コーチンは、このシールが目印です。

熊本コーチンは、このシールが目印です。

高タンパク・低脂肪・低カロリーのヘルシーな鶏肉の中でも、「熊本コーチン」と「天草大王」という2つの高品質肉用鶏は、ゆったりとした環境の中でじっくりと育てるので、肉は赤身を帯びて脂肪が少なく、適度な歯ごたえとほのかな甘みが楽しめる刺身、昔ながらの「コク」が蘇る煮物のほか、すき焼き、焼き鳥など幅広くご賞味いただけます。


 

栄養価 食品成分

(科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用 可食部100グラム当たり)  にわとり 成鶏種 もも 皮つき 生

   ・エネルギー253kcal ・水 分62.9g ・蛋白質17.3g
 ・脂 質19.1g ・炭水化物0g ・灰 分0.7g
 ・カルシウム8mg ・リ ン110mg ・鉄0.9mg
 ・ナトリウム42mg ・カリウム160mg ・マグネシウム16mg
 ・亜 鉛1.7mg ・銅0.07mg ・カロテン微量
 ・ビタミンB10.07mg ・ビタミンB20.23mg ・ナイアシン3.8mg
 ・ビタミンC1mg ・食物繊維0g  

 注意:この成分値は、画面で紹介している農産物の分析値ではありません

 

生産の様子

◆飼育風景

飼育風景

ブロイラーは一坪に40~50羽を入れて50日で生育させるところを、高品質肉養鶏は一坪18~23羽程度という余裕のある環境で、100~130日程かけてじっくり育てられます。


 

 

生産の工夫

熊本コーチン天草大王

◆熊本コーチン

熊本県在来の地鳥である「熊本種」を基に、10年の歳月をかけて改良に改良を重ね、昭和61年に大型化でおいしさを兼ね備えた高品質鶏としてつくりあげました。

◆天草大王

明治、大正時代に天草地方で飼われていた日本最大級の「天草大王」は、昭和初期に絶滅してしまいましたが、平成4年からこの幻の鶏の復元に取り組み、平成13年度に復元に成功しました。

 

食品の栄養や機能性


鶏肉の豆知識

鶏肉の豆知識

◎加工品
県内では熊本の地鶏・熊本コーチンを使った薫製、ハムなど冬季限定の加工品も販売されています。

 

◎チキンは美の源!?
世界三大美女の1人・中国の楊貴妃は手羽先を使った鶏料理を好んで食べたとか。手羽先にはビタミンAや皮膚の潤いを保つコラーゲンなどがたっぷり含まれているので、その美しさの秘訣は意外に「チキン」にあったのかもしれませんね。スープや煮汁を飲むと効果的にコラーゲンが摂取できますので、ぜひお試しあれ! 

 

◎見分け方
肉に厚みとツヤがあり、しまっているものをおすすめします。

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。