総合トップへ

農産物(県産品)

牛乳(Milk)

2014年11月17日(月)

たくさんの栄養素がバランスよく含まれ、「完全食品」に近いといわれている牛乳。熊本県は、西日本一の酪農県です。

 

衛生的な工場でパックされた牛乳、乳製品です。左がホルスタインから搾られた牛乳で、右がジャージー牛から搾られた牛乳です。

衛生的な工場でパックされた牛乳、乳製品です。左がホルスタインから搾られた牛乳で、右がジャージー牛から搾られた牛乳です。

 

熊本県では、菊池地方・球磨地方を中心に県下全域で乳牛が飼われています。牧場では、朝早くから搾乳を始めます。衛生に細心の注意を払いながら、牛の乳首をきれいにした後、ミルカーという搾乳機をつけて牛乳を搾ります。工場では、入念な検査をして加熱殺菌した後、牛乳瓶やパックに詰められます。牧場からの一貫した衛生管理システムで美味しさの品質を保っています。


 

栄養価 食品成分

(科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用 可食部100グラム当たり)  生乳 普通牛乳

   ・エネルギー67kcal ・水 分87.4g ・蛋白質3.3g
 ・脂 質3.8g ・炭水化物4.8g ・灰 分0.7g
 ・カルシウム110mg ・リ ン93mg ・鉄微量
 ・ナトリウム41mg ・カリウム150mg ・マグネシウム10mg
 ・亜 鉛0.4mg ・銅0.01mg ・カロテン6μg
 ・ビタミンB10.04mg ・ビタミンB20.15mg ・ナイアシン0.1mg
 ・ビタミンC1mg ・食物繊維0g  

注意:この成分値は、画面で紹介している農産物の分析値ではありません

 

生産の様子

エサの収穫エサの収穫2

◆エサの収穫
イタリアンライグラス等の牧草を刈り取り、天日で乾かし水分を調整した後、エサが腐らないよう直径約1.2mの円柱形(ロール)に、ラップしています。

 

◆エサの収穫
トウモロコシ等の飼料作物を刈り取り、長さ約数cmにカットして発酵させ、牛のエサとなるサイレージをつくります。

 

絞乳絞乳2
◆搾乳
近年の酪農は、近代的な設備で衛生的に牛乳が搾られています。ミルキングパーラーという牛乳を搾る施設では、牛が、自らパーラーの中に入っていきます。
◆搾乳
ミルカーという機械で、牛の4つの乳頭に装着し牛乳を搾ります。

 

タンクローリーで工場へ子牛牛舎
◆タンクローリーで工場へ
保冷タンクローリーが各酪農家をまわって、生乳を集め、乳業工場へ運びます。
◆子牛
お母さん牛になった時、たくさんのお乳がでるように、おいしいえさをたくさん食べて大きくなります。
◆牛舎
たくさんの牛乳を出すため、トウモロコシや牧草、穀物をバランスよく食べます。


生産の工夫

牛の種類ホルスタイン牛の種類ジャージ牛
◆牛の種類:ホルスタイン
熊本で飼われている乳牛の97%がホルスタインです。黒と白の斑模様をしており、たくさんの牛乳を出します。
◆牛の種類:ジャージ牛
ホルスタインよりひとまわり小さいジャージー牛から搾った牛乳は、乳脂肪分がたかく、コクがあってまろやか。この牛乳を利用して、チーズやバター、アイスクリーム等の加工品が大人気。

 

食品の栄養や機能性

 

 

牛乳の豆知識

牛乳2

◎仏教の創始者・釈迦が悟りをひらくきっかけとなったのは一杯の牛乳だったとか。仏教とともに日本に渡来した牛乳文化は、貴族の間では健康によい妙薬として珍重されていました。一般の人たちに牛乳を飲む習慣が定着したのは、明治期の文明開化の後のことです。

 

◎ゆっくり噛むように飲みましょう!
「牛乳を一気に飲むとお腹がグルグルする」という人がいますが、これは乳製品を生活に取り入れてまだ年月が浅い人では、牛乳の乳糖を分解する酵素が十分に働かないことが原因です。皆さん、今日からはお腹グルグルを解消するため、牛乳をゆっくりと噛むように飲んでみましょう!ちなみにヨーグルトやチーズなどの乳製品は、乳酸菌などの酵素が乳糖の分解を助けたり、すでに分解がされているので、このような症状を起こすことがありません。

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。