総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  アスパラガス(Asparagus)

農産物(県産品)

アスパラガス(Asparagus)

2014年11月18日(火)

太陽の日差しを浴びた栄養たっぷりのアスパラガス。びっしりと張った丈夫な根(貯蔵根)が肥沃な大地で栄養を蓄え、新しい芽が大空に向かって次々と力強く萌え出してきます。

 

アスパラガス

小さな苗を植え付けてから3年目にようやく本格的な収穫ができるようになるアスパラガス。8~10年間は地中の根がしっかりと養分を蓄えながら新しい芽をどんどん伸ばし、収穫を続けることができます。
 

もともとは初夏の味覚だったアスパラガスですが、ハウス栽培が導入されてからは年間を通して手に入るようになりました。手軽に調理できるうえ、近年のサラダブームで消費量が増加している人気野菜の一つです。県下の生産量は平成19年、1,340トンで、鹿本地域や菊池地域を中心に栽培されています。おいしさがギュッと詰まった熊本産のとれたてアスパラガスを紹介します。

 

 

 

 

 

 

栄養価 食品成分

(科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用 可食部100グラム当たり)  アスパラガス 若茎 生

 ・エネルギー22kcal ・水 分92.6g ・蛋白質2.6g
 ・脂 質0.2g ・炭水化物3.9g ・灰 分0.7g
 ・カルシウム19mg ・リ ン60mg ・鉄0.7mg
 ・ナトリウム2mg ・カリウム270mg ・マグネシウム9mg
 ・亜 鉛0.5mg ・銅0.10mg ・カロテン380μg
 ・ビタミンB10.14mg ・ビタミンB20.15mg ・ナイアシン1.0mg
 ・ビタミンC15mg ・食物繊維1.8g  

注意:この成分値は、画面で紹介している農産物の分析値ではありません

 

 

生産の様子

 

収穫選果場選果病害虫防除

◆収穫

春芽は2月中旬~4月中旬、夏芽は5月中旬~10月まで収穫を行います。「1日5センチ以上も伸びるけん、どんどん収穫していかんと間に合わん」と話す生産者。27センチほどに成長した新芽をハサミで切り取っていきます。養分をできるだけ蓄えておくため、また株の消耗をできるだけ抑えるために最盛期には朝夕1日2回収穫します。高温期には鮮度保持のために出荷まで自宅の冷蔵庫(5~7℃)に入れて保管。最近は5キロ詰め発泡スチロールの中に入れてから保冷庫で管理しているので、鮮度保持力がさらにアップしました。

◆選果場選果

近くの共同集荷場に運び込み、品質の統一を図ります。穂先を傷つけないよう注意しながら、一本一本を丁寧に手作業で選別し、センサー付自動選別機で重さと大きさを瞬時に測定。規格ごとに分かれてコンベア-上を進みながら、100グラム一束で箱詰めします。「アスパラガスは光を求めて収穫後も曲がるので、自然に育ったまま、まっすぐに立てておくことが大切」と話すJA職員。

◆病害虫防除

露地でも栽培はできますが、県下では雨による病気の発生が少ない「雨よけ施設」栽培が導入されています。雨傘の役目をしているハウスは、同時に地温と気温を高めて株の成長を促進させます。害虫防除策としては今後、フェロモントラップや黄色灯、紫外線フィルムなどの導入を検討しています。


 

生産の工夫

 

土づくり(自家製の完熟堆肥)収穫のあと

◆土づくり(自家製の完熟堆肥)

若い芽が元気良く成長するためには、地中に張り出した根(貯蔵根)がタップリと栄養を蓄えておくこと。そのための土づくりは大切な作業となります。ある生産者は土壌を分析するほか、2年程かけて自家製の完熟堆肥をつくり有機物をたくさん含んだ畑に仕上げます。

◆収穫のあと

10月に収穫が終わり、12月下旬になるとアスパラガス全体が黄色くなってくるので(これを農家の人たちは「紅葉する」と表現していました)、茎や葉っぱを刈り取ります。そして畝(うね)をきれいに整理し、畑に肥料を与えて次の収穫に備えます。

 

 

備考

◎試食宣伝会
JA鹿本アスパラ部会は毎年3月、消費拡大を図るとともに地元のアスパラガスをもっと知ってもらおうと熊本市内の百貨店で試食宣伝会を行っています。「地元でアスパラガスが生産されているなんて知らなかった。こんな食べ方もあるんですね」と会場に立ち寄った若い主婦。ある生産者は「消費者の声が直接聞けるのでいい勉強になります。顔の見える生産者としてこれからの生産につなげていきたい」と意欲を見せていました。


 

食品の栄養や機能性


 

アスパラガスの豆知識

アスパラガス

◎見分け方・選び方
アスパラガスは鮮度が命。鮮やかな緑色とハリがポイントです。また穂先(頭部)までしっかりと締まったものは甘みがあります。

 

◎保存方法
購入してからできるだけすぐに食べましょう。保存する場合は、ポリ袋に入れて出荷の時と同じように立てたまま冷蔵庫の野菜室で保存して下さい。また、軽くゆでてから冷蔵庫か冷凍庫に入れておくのもいいですね。

 

◎食べ方
ホウレンソウのゆで方と同じで、根元の部分から熱湯にゆっくりと入れて、最後にやわらかい先端をお鍋の中へ。お好みのドレッシングで、また煮物、炒め物、揚げ物、料理の彩りとして楽しめます。

 

◎ホワイトアスパラガス
畝(うね)を高くつくり、その土のなかで太陽に当てずに育てると茎が白くてやわらかいアスパラガスが育ちます。ホワイトアスパラガスは缶詰用に主に利用されています。


 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。