総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  しょうが(Ginger)

農産物(県産品)

しょうが(Ginger)

2014年11月18日(火)

山あいに見渡す限りの紅葉が広がる季節-。さわやかな辛さが魅力の熊本産しょうがが豊かに実っています。

 

しょうが

熊本県は高知、千葉に続いて収穫量(H16年 5,390トン)、作付面積(H16年 190ヘクタール)ともに全国3位を誇ります。主な産地は八代郡東陽村や下益城郡小川町で、県全体の生産量の約8割を占めます。明治時代から受け継がれてきた県内のしょうが栽培は昭和40年代に稲作からの転作作物として大きく成長してきました。また、当初から凝灰岩の山肌に壕を掘り、貯蔵が行える環境だったことも産地が拡大していった要因の一つです。夏場を中心に和洋折衷さまざまなヘルシー料理で活躍し、同時に古来から生薬としても使われているしょうがをご紹介します。

 

 

栄養価 食品成分

 (科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用 可食部100グラム当たり)  しょうが 根茎 生

 ・エネルギー30kcal ・蛋白質0.9g ・炭水化物6.6g
 ・カルシウム12mg ・鉄0.5mg ・カリウム270mg
 ・亜 鉛0.1mg ・カロテン5μg ・ビタミンB20.02mg
 ・ビタミンC2mg ・水 分91.4g ・脂 質0.3g
 ・灰 分0.7g ・リ ン25mg ・ナトリウム6mg
 ・マグネシウム27mg ・銅0.05mg ・ビタミンB10.03mg
 ・ナイアシン0.6mg ・食物繊維2.1g  

注意:この成分値は、画面で紹介している農産物の分析値ではありません


 

生産の様子

 

 

定植

 
収穫

◆定植

4月中旬~5月上旬にかけて1個150グラムほどの健全な種(親)しょうがを植え付けます。この時期、芽の出を良くするために不織布の被覆資材やワラなどで畝(うね)をおおいます。定植後、約1ヶ月が過ぎて芽が出始めてきたら根元まで土寄せを行います。この作業を9月中旬頃までに3回ほど行い、しょうがの生長を促します。

◆収穫

高品質のしょうがに仕上げるため、生育後半は肥料の吸収が少なくなるように管理しています。10月下旬~11月にかけて収穫時期を迎え、霜が下りるまでの間に一斉に掘り取ります。農家の人たちは一株1キログラム前後に生長したしょうがの茎部分を丁寧にハサミで切り取ったあと、貯蔵庫へ運びます。


 

 生産の工夫

 

しょうが選果場画像貯蔵庫安心・安全

◆しょうが選果場

ハウス栽培のしょうがは一足早く7月~8月に収穫され、すぐに出荷されます。露地栽培の場合は11月に収穫され、生姜選果場の貯蔵予冷施設で貯蔵しながら出荷します。また、春になると農家の人たちが各自の貯蔵庫に保管していたものを出荷し、周年出荷体制を支えています。「しょうがを充実させるため約2ヶ月間は貯蔵庫で保存している」と話すJA職員。表面がアメ色に輝くようになったら水洗いで泥を落とし、芽を丁寧に切り取ってパック詰めします。このアイデアは輸入しょうがに対抗するため高付加価値の商品づくりとして平成9年から行われるようになりました。
 

◆貯蔵庫

散水装置付きの近代的な低温貯蔵庫のほか、簡易ブロックの貯蔵庫や凝灰岩の山の斜面を利用した昔ながらの貯蔵かま(横穴)に、収穫したしょうがを泥付きのままコンテナに入れて保存します。貯蔵直後はしょうがの呼吸により、庫内の温度がどんどん上昇して乾燥するため、天井から水をかけて乾燥防止を図ります。また、しょうがは寒さに弱く、気温が10℃以下になると腐りやすくなり、気温が高いと芽が動き出すため、庫内は14℃前後になるよう温度調整を行います。

◆安心・安全

八代地域のしょうが産地では平成14年に黄色灯を使った栽培を試験的に行いました。これは夜に行動する害虫(蛾)が畑に近づかないようにし、同時に蛾の幼虫による食害を抑制するものです。


 

備考

◎熊本県ではしょうがを素材にした加工品がたくさん作られています。例えば、みそ漬けしょうが、しそ漬けしょうが、しょうが飴など。なかでもおすすめは子どもから大人まで幅広い人気のしょうがせんべい。バラエティーに富んだ加工品が物産館や直売所で人気を呼んでいます。また、八代郡東陽村ではしょうがの産直便サービスを提供しています。全国の消費者に好評で、毎年11月頃になると葉茎をつけた泥付きのとれたてしょうがが特有の香りとともに発送されます。



食品の栄養や機能性


 

しょうがの豆知識

しょうが

◎見分け方・食べ方
しょうがを選ぶときの重要なポイントは色。中国産をはじめ、東南アジアなど海外から輸入されたしょうがは日本のものとは品種が違い、全体が黄色っぽいようです。それに対し国内産のしょうがは周年を通して白っぽい色をしています。

 

◎保存方法
しょうがは熱帯作物なので、常温(約14℃)で保存できます。その際、湿らせた新聞紙に包んでおくと良いでしょう。

 

◎食べ方
各家庭でいろいろな調理が楽しめる万能野菜。おかずの一品として、また、お菓子や漬物として役立ちます。
 


 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。