総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  スターチス(Sea lavendar)

農産物(県産品)

スターチス(Sea lavendar)

2014年11月19日(水)

青く小さい花が霧状に見える、添え花としてよく用いられる花が宿根スターチス(ブルーファンタジア100)です。可憐で生命力が強いこの花は、カスミソウとともにフラワーアレンジメントや花束には欠かせない存在で、名脇役として私たちを楽しませてくれます。

ボリュームのある花に育てられた熊本産の宿根スターチス。「バランスが良く、硬くて日持ちが良い」と高い市場評価を得ています。また花き専門店からは「枝も使えて、使い勝手が良い」と評判も上々です。

ボリュームのある花に育てられた熊本産の宿根スターチス。「バランスが良く、硬くて日持ちが良い」と高い市場評価を得ています。また花き専門店からは「枝も使えて、使い勝手が良い」と評判も上々です。
 

全国有数の栽培面積(約16ヘクタール)を誇る熊本県のスターチス栽培。生産量は443万本で、各地域の気候や地理的条件を生かして一年中出荷されています。カスミソウに似ている多年草の「宿根スターチス」は玉名地域・菊池地域などを中心に栽培されています。 

 

 

生産の様子

収穫査定会・出荷宿根系・改植
◆収穫
10月下旬、ビニールハウスの中では青く美しい宿根スターチス「ブルーファンタジア100」の出荷期を迎えようとしています。草丈が80センチ~1メートル、全体的に花が紫色になる頃が収穫適期。「根を折ったり、新しい芽を傷つけないよう気を付ける」と話す生産者は、手際よくハサミでパチパチ切っていきます。玉名地域を中心とした平坦地では5月頃まで収穫が続き、夏でも冷涼な阿蘇地域や上益城地域などの高冷地では6月~11月下旬頃に出荷されます。 
◆査定会・出荷
地域の生産者全員が集まって「出荷目ならし会(査定会)」を出荷期前に1回、期間中に1~2回開き、そこで選花基準や出荷条件などを確認します。採花後は規格ごとに自宅で選別し、切り口を保水剤入りのパック(フラワーパック)で保護して出荷します。気温が高くなる春先以降は切り花の品質を落とさないためにトラックに積み込むまでJA集荷所の冷蔵庫(予冷庫)で大切に保管し、保冷トラックで輸送するなど、徹底した品質管理を行いながら関東・関西方面に送り出します。
◆宿根系・改植
宿根スターチスは1つの株から年に10本くらいの花が採花でき、多年草なので3年~8年間は続けて採花することができます。しかし株は年々老化し、品質や収量も落ちてくるので、4年ごとに新しい苗に植え替えています。これを「改植」と呼びます。主産地の一つ・玉名地域では個人の持ち株を2グループに分けて、2年おきに交互に改植しています。改植の時は土壌分析・診断を実施し、診断結果に基づいて堆肥を入れるなど土壌改善を行います。


 

生産の工夫

夏期の栽培管理冬期の栽培管理現地検討会
◆夏期の栽培管理
採花期に美しい花をずっと咲かせ続けるためには夏場の管理が重要です。その一つが温度管理。ハウス内が高温にならないように、梅雨明けには遮光ネットでビニールハウスを覆います。また、土壌分析の結果に基づいて肥料を与えたり、古くなった葉の除去やこの時期に伸びてくる花茎の除去を行いながら株の養成を行います。
 
◆冬期の栽培管理
県下の平坦地では、温暖な気候を利用して冬期にも採花を行っています。そのためには最低温度が13℃を下回らないようビニールをハウス内にも張って加温を行い、さらに地温の確保が必要なため、畝(うね)にマルチを張ります。それでも採花本数が減ってしまう1月~2月の厳寒期。この時期は市場からの需要も高いので、マルチ資材の検討などを行いながら採花本数の増加に取り組んでいます。
◆現地検討会
現地での検討会や勉強会を定期的に行っており、生産者同士の情報交換や栽培技術の向上を積極的に図っています。「いったんハウスの中で病気が発生すると防除はなかなか難しか」と話す生産者たち。薬剤散布に頼るだけでなく、病気になった部分を早めに取り除いたり、ハウス内の通気を良くするなど、できる限りの予防に努めています。


 

備考

◎皆さんは宿根スターチスの花に白い印象を持っていませんか。それは花がしぼんだ状態かドライフラワーのもので、本来の花はとても美しい青色をしています。県下のスターチス産地の1つ、玉名地域の生産者たちは「本来の花を多くの人たちに知って欲しい」と話します。また、ある若い生産者は「形が良く、しっかりしていて花持ちが良いと好評です。私たちが一生懸命に育てた花を、ぜひ皆さんに楽しんでいただきたい」と語ってくれました。

 

 

スターチスの豆知識

スターチス

 ◎楽しみ方
花束やブーケと一緒に楽しめます。その後はドライフラワーとしてお部屋に飾ってみてはいかがですか。

 

◎花言葉
スターチスの花言葉は「永久に変わらず」。5月7日の誕生花。

 

◎名前の由来
スターチスは「下痢を止める薬効がある」ことからギリシア語の「止める」という語がなまって変化したものとか。

 

◎歴史
地中海沿岸や北アフリカに分布していたスターチスが1620年代にイギリスに渡り、そこで改良されてたくさんの品種が作られました。

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。