総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  カーネーション(Carnation)

農産物(県産品)

カーネーション(Carnation)

2014年11月19日(水)

母の日でおなじみのカーネーションは、ばら・きくに次ぐポピュラーな切り花で一年中出荷されています。ナデシコ科のカーネーションは甘い香りから「麝香撫子(じゃこうなでしこ)」と呼ばれていました。

 

カーネーション

  ハウス内のカーネーションが色づきはじめました。

  さあ、もうすぐ収穫ですよ。

熊本県では秋から春にかけて熊本市を中心とする平坦地で、また夏場には上益城地域や阿蘇地域など高冷地特有の気候を生かしたエリアでカーネーションの出荷最盛期を迎えます。平成16年の県内生産量は約1,170万本。切り花全体の生産量の約8パーセントを占めており、消費者の多様なニーズに対応した作付けのもと、スタンダード系のほかスプレー系品種の生産量も増加傾向にあります。最近は切り花だけでなく小さな鉢植え用カーネーションも生産され、県下ではさらに消費拡大を図るための取り組みが行われています。

 

スタンダード系:一つの茎に一つの大きな花をつけるタイプ
スプレー系:一つの茎が枝分かれして、たくさんの花をつけるタイプ 

 

生産の様子

 

育苗・定植生育状況

◆育苗・定植

最近はメリクロン苗のため、ほとんどの栽培農家で育苗を行わず、元気な無病苗を種苗会社から購入しています。定植前はとても忙しく、ほ場(花を育てて収穫する畑)の土壌消毒を行ったり、土をならしたりするほか、潅水(水やり)用のパイプやチューブをハウス内に設置し、植え替えのためのネットを畝(うね)の上に張って支柱を立てておきます。そして平坦地では6月、高冷地では冬期に定植。フラワーネットのますめに合わせながら小さな苗を植え付けていきます。

メリクロン苗-ウイルスの入っていない茎の先端部分を取り出して、培養によって育成された健全な苗。

◆生育状況

定植後まもなく、蕾(つぼみ)が見えはじめてくる頃にピンチ(摘芯)という作業を行います。これは1株から5本程度の芽を育てていくために枝の先端を摘み取ることです。しばらくして今度は伸びてきたわき芽1本~2本を再びピンチ。さらに多くの芽を育て、収穫率をアップさせます。ただし、「あまりピンチを繰り返すと花の開花が遅くなり、木(ボク)自体も小さくなりすぎる」と話す生産者。この作業が終わり、開花が始まるまでは、余分なわき芽を取り除いたり、病害虫防除のための薬剤を散布するなどの管理作業を行います。

わき芽-葉のつけ根にできる芽のこと。


 

収穫出荷作業

◆収穫

高冷地では6月下旬から年末にかけて1株から5回ほど収穫を行います。農家の人たちは花びらに色がついていない「むだ花」と言われる花を取り除き、芽を残しながらハサミで丁寧に切ります。収穫は気温が高くなる前、早朝6時頃から行います。

◆出荷作業

収穫後、切り花の鮮度を保持するためにしばらく溶液に浸します。それから規格ごとに出荷選別を行い、箱詰めされたものを近くの集荷場に運びます。熊本産カーネーションは県内はじめ、鹿児島、宮崎、大分、福岡などに送り出されています。


生産の工夫

 

フラワーネット病害虫防除

◆フラワーネット

定植前にほ場(畑)に張るネットのことです。1つのますめサイズは縦横12センチ。苗が小さな時にはネット4枚を地面に近いところに重ねて張り、茎の生長にしたがって上げていきます。最終的にはネットを4段階まで上げて、まっすぐに伸びたカ-ネ-ションを育てます。

◆病害虫防除

生産農家の人たちは薬剤散布に頼るだけでなく、ハウスの周りに防虫ネットを張ったり、ITシートと呼ばれる粘着シートをハウス内にぶら下げて、蛾やスリップスなどの害虫を除去するよう工夫しています。またビニールシートでほ場(畑)の地表面を覆い、その中に高温(約100℃)の蒸気を通して土壌の殺菌・殺虫消毒も行います。仕上げにシートをはがし、耕耘機(こううんき)で土を耕したら定植の準備に入ります。


 

土づくり施設栽培

◆土づくり

「土づくりは健全で丈夫な切り花を生産するためには大事な作業」と話すある生産者。土壌に投入する牛糞堆肥などは塩分濃度を下げるために1~2年間シートをかぶせてねかせます。その後、通気性と排水のよい用土と混ぜ合わせ、育苗ポットの培土に使用したり、畑での土づくりに利用します。

◆施設栽培

11月頃になると、冬期も安定してカーネーションを出荷するため、ハウス内に暖房を入れ始めます。常時、20℃前後に温度設定を行っているので「家のなかに居るより、ハウスの中で仕事するほうが気持ちよか」と話す生産者。ハウス内にはカーテン(内張り)を張って、さらに保温効果を高めます。


豆知識

カーネーション

◎カーネーションを長く楽しむためには
お花屋さんで購入したあと、家で水揚げ(水の中で茎を切ること)を行いましょう。また、自宅にある塩素系漂白剤を数滴入れると花が長持ちします。もちろん、花瓶の水は毎日取り替えていつも清潔に保ちましょう。

 

◎花言葉
カーネーションの花言葉は「熱愛」(Fascination) 。赤いカーネーションは「母の愛情」。ピンクのカーネーションは「熱愛」、そして白は「私の愛は生きています」。優しく美しいカーネーションにピッタリの花ことばですね。

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。