総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  ハウスみかん(Satuma mandarin cultivated in plastic greenhouses.)

農産物(県産品)

ハウスみかん(Satuma mandarin cultivated in plastic greenhouses.)

2014年11月20日(木)

暑い夏場にひんやり冷えたハウスみかん。皮が薄く、実がしまった果汁タップリのフルーツは、ほどよい酸がより一層みかんの甘さを引き立てます。

 

ハウスみかん

ハウスみかんは雨などによる影響にあまり左右されないので、高品質のみかんを安定して皆さんにお届けすることができます。

県下では鹿本地域や玉名地域などを中心に「ハウスみかん」の生産が行われています。これは早生みかん(温州みかんの一種)をビニールハウスのなかで栽培するもので、暑い季節に食べるみかんはノドを潤し、ギフト用としても高い人気があります。「みかん王国」として有名な熊本では6月中旬のハウスみかんの出荷を皮切りに、新早生~早生~普通みかんへと移行し、翌年2~3月まで全国にさまざまな品種の温州みかんを出荷しています。生産者の努力や工夫で育てられたハウスみかんをご


 

 

栄養価 食品成分

(科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用 可食部100グラム当たり)  うんしゅうみかん じょうのう 普通 生

 ・エネルギー46kcal ・水 分86.9g ・蛋白質0.7g
 ・脂 質0.1g ・炭水化物12.0g ・灰 分0.3g
 ・カルシウム21mg ・リ ン15mg ・鉄0.2mg
 ・ナトリウム1mg ・カリウム150mg ・マグネシウム11mg
 ・亜 鉛0.1mg ・銅0.03mg ・カロテン1000μg
 ・ビタミンB10.10mg ・ビタミンB20.03mg ・ナイアシン0.3mg
 ・ビタミンC32mg ・食物繊維1.0g  

注意:この成分値は、画面で紹介している農産物の分析値ではありません


 

生産の様子

 

ビニール被覆開花摘果

◆ビニール被覆

夏の暑い時期においしいみかんを収穫するため、11月~12月頃に園地全体をビニールで覆い、ハウス内の気温を上げて、ミカン樹の生育を促します。ハウスの天井に上りながら作業をすすめるので、作業はできるだけ風のない、穏やかな日の午前中を狙って行います。

◆開花

ハウスミカンの開花はビニールを張った時期やハウス内の気温差によって違いますが、12月~1月にかけて真っ白いミカンの花がハウス内に咲きます。その後、花びらが落ちて小さな果実が誕生します。

◆摘果

たくさんの小さな果実が誕生してしばらくすると、樹がすべての養分をまかないきれず自然に果実が落ちていきます。その後、生産者が時期を見ながら、果実をちょうどよいサイズにそろうように摘果を行います。


 

生産の工夫

段落タイトルを記述します

枝つり

◆枝つり

摘果を終えた果実は、3月中旬頃に枝つりを行います。樹全体にたくさんの光が当たるよう、また、大きくなった果実を支えるために、天井に張った針金状のもにヒモをかけて枝をつっていく作業です。収穫と同じほど労力を要しますが、色つきのそろった甘いミカンをつくるために、生産者は工夫をこらしながらミカン栽培に取り組んでいます。


 

食品の栄養や機能性

 

みかんの豆知識

ハウスみかん

◎保存方法
風通しの良い、涼しい場所に保管して下さい。

 

◎使い方
みかんの皮を利用してみませんか。皮には精油の薬効効果が含まれているので、アロマと美肌効果が同時に楽しめます。カサカサのお肌が改善されるかもしれませんね。

 

◎「毎日くだもの200グラム運動」
果物の特性・機能などの情報をもっと知りたい方はこちらのホームページを見て下さい。http://www.kudamono200.or.jp/



 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。