総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  晩白柚(Bampeiyu)

農産物(県産品)

晩白柚(Bampeiyu)

2014年11月20日(木)

美しい外観と上品な芳香を兼ね備えた高級柑橘・晩白柚(ばんぺいゆ)は、熊本県のお土産として全国に爽やかな香りを届けます。床の間や玄関に置いて楽しんだあと、柔軟多汁な特有の風味をお楽しみ下さい。

 

晩白柚

世界最大の果実と言われる晩白柚は文旦(ぶんたん)の一種。おおよそ2キロ、大きいものは3キロ以上もあり、直径は約20センチで子どもの頭くらいの大きさです。熊本県は全国唯一の産地となっています。
 温暖な気候の八代地域に晩白柚が導入されたのは昭和26年。昭和40年代に栽培が盛んになり、現在は県下全体の約85パーセント(1000トン)を生産しています。


 

栄養価 食品成分

(科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用 可食部100グラム当たり)  ぶんたん 砂じょう 生

 ・エネルギー38kcal ・水 分89.0g ・蛋白質0.7g
 ・脂 質0.1g ・炭水化物9.8g ・灰 分0.4g
 ・カルシウム13mg ・リ ン19mg ・鉄0.1mg
 ・ナトリウム1mg ・カリウム180mg ・マグネシウム7mg
 ・亜 鉛0.1mg ・銅0.04mg ・カロテン15μg
 ・ビタミンB10.03mg ・ビタミンB20.04mg ・ナイアシン0.3mg
 ・ビタミンC45mg ・食物繊維0.9g  

注意:この成分値は、画面で紹介している農産物の分析値ではありません


 

生産の様子

 

開花受粉袋かけ

◆開花受粉

4月中旬~5月上旬に開花します。晩白柚の場合、ほかの柑橘類-例えばザボン、甘夏、ハッサクなどの花粉を受粉させてあげないと実がつかないので人工受粉を行います。花の開花はたったの1日。農家の人たちはふくらんだ蕾花を追いかけて交配作業を一気に行います。「よか花をつけるには開花前の蕾(つぼみ)を摘み取っておくことも大切」と話す生産者。より良い晩白柚をつくるために一生懸命に努力しています。

◆袋かけ

受粉作業が終わって小さな実が生長を始める頃、露地栽培のものに小さな袋を掛けていきます。病気や害虫の影響を受けないよう、早い時期から果実を保護するためです。7月上旬~中旬になると、すくすくと生長した露地栽培・ハウス栽培の両方の果実に大きな袋をかけ、さらにその上に特殊な撥水性のシートをかぶせます。これは果実の表面が日焼けしないようにするための工夫です。大きな晩白柚が自然に落ちたり、台風で落ちたりしないように、あわせて枝つり(ヒモで枝をつるす)準備をしておきます。


 

収穫出荷

◆収穫

11月中旬になると約1ヶ月後に控えた収穫に向けてかぶせていた袋を取り外す作業を開始します。そして果実全体が7、8割ほどに黄色く色づいたものから選んで収穫します。ハウスものは11月下旬~1月中旬まで、露地ものは1月~2月上旬まで収穫します。晩白柚はすぐに出荷されるのではなく、別のビニールハウスへ運び込まれ、そこで10日間ほど過ごします。

◆出荷

八代地域の3つの選果場で外観や大きさごとに選別し、丁寧に箱詰めしてから九州方面をはじめ関東や関西方面に向けて出荷します。11月~1月は主に高級贈答用として、また2月~4月は品種本来の味とともに全国に出回ります。


 

生産の工夫

 

熟成(予措)品評会加工品

◆熟成(予措)

収穫後、ビニールハウスのなかで過ごしている晩白柚をのぞいてみました。ムッとするほど暑いハウスの中で、1,600個~2,000個の大きな晩白柚が籾殻とビニールシートでつくられたフワフワのベットの上で均等に並んでいます。生産者はこの期間中に果実の底の青みを黄色く熟成させるため、何度も玉の上下を反転させながら日光をまんべんなく当てていきます。そして糖度が増した、柔らかい果肉の晩白柚に仕上げます。

◆品評会

今年(平成17年)1月、恒例の八代地域晩白柚品評会が道の駅「竜北」(八代郡竜北町)で開かれました。これは晩白柚のイメージアップと品質の向上を図るために毎年、熊本県八代地域振興局と八代地方農業振興協議会果樹部会が主催して行うもので、今年で13回目。生産者たちは大切に育てた自慢の晩白柚をそれぞれ「果実の部」、「ジャンボの部」に出展しました。今回、「ジャンボの部」で優勝した果実は、なんと重さ4.858kgもあり、ギネスブックに「世界最大のかんきつ」として申請されることとなりました。

◆加工品

地元の物産館では晩白柚を素材にしたマーマレード、ジャム、上品な口当たりのゼリーなどが販売されています。なかでも晩白柚の皮を砂糖漬けにしたザボン漬けは幅広い層から人気です。

 

 

備考

◎晩白柚とザボン
「晩白柚とザボンは一体どこで見分けるの?」という質問を良く聞きます。文献では、晩白柚も含めたブンタン類のかんきつをザボンという名で呼ぶそうです。ただ、八代や鹿児島ではブンタンの一種をザボンと呼んでいるようです。農家の人に尋ねてみると、「見た目だけではあんまり見分けがつかんとよ。晩白柚は独特の甘い芳香を持っとるけど、ザボンにはその香りがないことぐらい」。


 

食品の栄養や機能性

 

 

晩白柚の豆知識

晩白柚

◎見分け方・選び方
購入してから20日~30日後に指で押してみて下さい。柔らかくなっていれば食べ頃ですよ。外側の皮がシワシワになり始めた頃でも中身はおいしく食べられますので、まずは上品な香りからお楽しみあれ。

 

◎保存方法
日持ちするので1~2ヶ月は常温で大丈夫。部屋の片隅に置いておけば、柑橘系のさわやかな香りに包まれます。食べきれなかったものは、ストックバックに入れて冷凍庫で保存すれば食後のデザートとしても楽しめますね。

 

◎食べ方
皮はかたいので、ナイフか包丁でむいて下さい。外側の皮のふわふわした白い部分は砂糖と一緒に煮詰めてお菓子を作ることができます。また、皮をそのままお風呂に入れれば甘い上品な香りが楽しめます。時間があれば皮を軽く干してから使ってみては。入浴剤として長期間楽しめるだけでなく、美肌効果も期待できます。

 

◎名前の由来
台湾の在来種・白柚(ぺいゆ)より晩生の品種のために「晩白柚」と名づけられました。

 

◎「毎日くだもの200グラム運動」
果物の特性・機能などの情報をもっと知りたい方はこちらのホームページを見て下さい。http://www.kudamono200.or.jp/

 

 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。