総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  キンカン(Kumquat)

農産物(県産品)

キンカン(Kumquat)

2014年11月20日(木)

口の中でとろけるような甘さが自慢のハウス栽培の完熟キンカン。柑橘(かんきつ)類の中では小さめサイズの果物ですが、ジュ―シーでまろやかな味がぎっしりと詰まっています。

 

キンカン(Kumquat)

  生食用は冬のデザートとして人気があり、加工用は

  アイスクリームや羊かん、饅頭として近くの物産館で

  販売されています。

熊本県では平成4年に鹿本郡鹿央町でハウスキンカンの栽培を開始し、平成6年から本格的に出荷を行うようになりました。現在も同町が県内最大の産地です。ハウス栽培のものは露地栽培のものと比べて、糖度が18~20度と高く、果実の大きさも直径が3~4センチと2倍以上。鹿本地域では大粒のハウスキンカンを「夢小町」というネーミングで出荷しています。美容と健康にピッタリの健康フルーツ。出荷時期が近づくと県内外の消費者から多くの問い合わせがあります。

 

 

 

 

栄養価 食品成分

(科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用 可食部100グラム当たり)  きんかん 全果 生

 ・エネルギー71kcal ・水 分80.8g ・蛋白質0.5g
 ・脂 質0.7g ・炭水化物17.5g ・灰 分0.5g
 ・カルシウム80mg ・リ ン12mg ・鉄0.3mg
 ・ナトリウム2mg ・カリウム180mg ・マグネシウム19mg
 ・亜 鉛0.1mg ・銅0.03mg ・カロテン130μg
 ・ビタミンB10.10mg ・ビタミンB20.06mg ・ナイアシン0.6mg
 ・ビタミンC49mg ・食物繊維4.6g  

注意:この成分値は、画面で紹介している農産物の分析値ではありません



 

生産の様子

 

開花箱詰め

◆開花

ハウスキンカンの開花は露地栽培と同じく、7月上中旬頃から始まり、約1ヶ月ほど続きます。開花後、しばらくすると小さな果実が誕生し、年明けには完熟した大粒のハウスキンカンが収穫期を迎えます。

◆箱詰め

ハウスキンカンの果皮はとてもデリケートなので、果実に傷をつけないようコンテナの内側にスポンジを敷くなどの工夫を施しながら、果実の大きさに応じて選別します。1キロ箱や3キロ箱に詰めたキンカンを熊本県内や福岡に向けて送り出します。なお、県内で栽培されているキンカンのほとんどが、生食用や加工用として最も優れた品種と言われる寧波(にんぽう)キンカンです。


 

生産の工夫

収穫

◆収穫

甘味と香気に富む果実成長すると、いよいよ収穫が始まります。1月~3月頃にかけて、一つひとつにだいだい色に熟れた果実を丁寧に収穫し、かごの中に入れていきます。


 

 



 ◆食品の栄養や機能性

 

 

ハウスキンカンの栄養や機能性

キンカン(Kumquat)

ハウスキンカンには、カルシウム、カリウム、ビタミンCなどが豊富に含まれています。なかでもカルシウムは100グラム中に約130ミリグラム(温州みかんは17ミリグラム)も含まれており、柑橘類の中でナンバー1のカルシウム含有量を誇ります。


 

 

 

キンカンの豆知識

キンカン(Kumquat)

◎民間薬として
「風邪がはやるとキンカンが売れる」と言われるほど、キンカンは昔からかぜの妙薬として広く人々に利用されていました。

 

◎キンカンの歴史
原産地は中国で、江戸時代の頃に日本に渡ってきたと言われています。

 

◎「毎日くだもの200グラム運動」
果物の特性・機能などの情報をもっと知りたい方はこちらのホームページを見て下さい。http://www.kudamono200.or.jp/

 


 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。