総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  柿(Japanese Persimmon)

農産物(県産品)

柿(Japanese Persimmon)

2014年11月20日(木)

実りの秋、食欲の秋―。柿は秋の味覚を代表する食べ物の一つとして挙げられます。果物のなかでも特に糖度が高く、「秋の味覚の王様」と言われるほど。干柿は古来から伝わる保存食として今も親しまれています。

 

柿(Japanese Persimmon)

   県内の生産者が「太秋」の苗を育てはじめて5年。

 やっと本格的な出荷体制に入りました。

従来から栽培されている「富有柿」に加え、甘柿の新品種「太秋(たいしゅう)」は、シャリシャリッとした梨のような食感と上品な甘さが好評を得ています。県下の柿栽培面積は297ヘクタール(H15)で、生産量は1,307トン。このうち、「太秋」の栽培面積は56ヘクタールで、優良新品種の生産量・出荷量はともに年々増加しています。

 

 

 

 

栄養価 食品成分

(科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用 可食部100グラム当たり)  かき 甘がき 生

 ・エネルギー60kcal ・蛋白質0.4g ・炭水化物15.9g
 ・カルシウム9mg ・鉄0.2mg ・カリウム170mg
 ・亜 鉛0.1mg ・カロテン420μg ・ビタミンB20.02mg
 ・ビタミンC70mg ・水 分83.1g ・脂 質0.2g
 ・灰 分0.4g ・リ ン14mg ・ナトリウム1mg
 ・マグネシウム6mg ・銅0.03mg ・ビタミンB10.03mg
 ・ナイアシン0.3mg ・食物繊維1.6g  

注意:この成分値は、画面で紹介している農産物の分析値ではありません


 

生産の様子

 

品種紹介剪定

◆品種紹介

果実の重さは400グラムほど。従来の柿よりもかなり大きめサイズで、甘さも2度ほど高い18度前後。果汁が多く、梨を食べるようなサクサクッとした食感が特徴です。「味は抜群。だけど条紋が入っとるけん、なかなか一級品として認知されんとよ」と話すある生産者。市場での認知度をさらに高めるため、今後はPR活動にも力を入れていきます。

条紋(じょうもん)-表面に入っているスジ状の紋様のことで、太秋の特徴の一つ。味は最高。

◆剪定

大玉(大果)の太秋をつくるため、柿の葉が落ち始める頃になると剪定作業に入ります。混み合った枝や細くて充実していない枝を切り落とします。現在、県下では太秋への品種更新が進められています。今ある柿の枝に、太秋の穂木を接ぎ木する方法もあります。新しい息吹を与えられた樹は1年間で2メートル前後も生長し、翌年には大果を実らせることができます。


 

開花収穫

◆開花

太秋の花が咲き始める5月10日頃になると農家の人たちは毎日忙しくなり、摘蕾(てきらい)・摘花(てきばな)・摘果(てきか)などの作業を7月頃まで行います。大きくて、甘い柿を収穫するためにはどれも大切な作業です。

◆収穫

9月下旬、太秋が色づき始めるとハウスものの収穫が始まり、10月中旬には露地ものへと移行していきます。丁寧に収穫された県下の柿はすべて不知火選果場または鹿本選果場に集められ、そこから県内や関東などに向けて一元出荷されます。なお、最近はハウス栽培も行われるようになり、労力の分散と出荷時期の延長が可能になるため、今後は施設栽培する農家が増えてくると思われます。


生産の工夫

 

袋かけ棚栽培

◆袋かけ

露地栽培では7月~9月にかけて袋かけを行っています。これは雨よけと湿気を軽減し、果実表面をきれいに仕上げるためのものです。

◆棚栽培

柿の樹勢は強く、放っておけば7メートルの高さになることもあります。通常でも4~5メートルの樹で栽培するので作業効率が上がらず危険性も伴います。そこで県内では樹高を低くする棚栽培を導入しました。高さ2メートルのところに鉄線を格子状に張って棚を設置、そこに枝を誘引して低い樹をつくりあげていきます。その結果、全体として省力化・軽労働化に成功し、色つきのいい大玉の果実が収穫できるようになりました。同時に、棚栽培は台風の影響を最小限に抑える役割も果たしています。


土づくり病害虫防除

◆土づくり

「丈夫で健全な樹を育てるためには土づくりが基本」と話す生産者。米ぬかを利用してじっくりと時間をかけながらボカシ肥料をつくります。そして春になるとこの自家製肥料を与え、地力のある園地で病害虫に強い栄養たっぷりの太秋を作ります。また、写真中の草はナギナタガヤ(イネ科)で、梅雨頃に枯れると自然に倒れて地面を覆い、地面の乾燥を防いだり、有機物の補給にも効果的な敷きワラの役目を果たします。このため除草剤の散布を行わず、草刈機で草を刈ることもありません。「ほんの数回、夏場に大きな草を手で刈るだけ」と生産者。環境保全型の新しい栽培方法を積極的に取り入れています。

◆病害虫防除

カラスやカメムシに果実を食べられないようにするため園地の周囲をネットで被覆しているところもあります。「ネット張りは手間がかかるけど、カメムシ防除の農薬散布回数を減らすことができる」と減農薬への取り組みをみせる生産者。農家の人たちはさらに甘みを増した「安全・安心」なおいしい柿づくりに励んでいます。


備考

◎主に甘柿は西日本で、渋柿は東日本で生産されています。熊本の主力は「富有」で、近年は新品種「太秋」に注目が集まっています。また、古くから日本人の保存食として利用される渋柿については、上益城郡矢部町の「巻柿(まきがき)」や下益城郡豊野町の干し柿などが有名です。 

 


◆食品の栄養や機能性

 

 

柿の豆知識

柿(Japanese Persimmon)

◎見分け方・選び方
形や色ツヤのほか果実の表面に見られる条紋(スジ状の紋様)がポイント。柿の底をひっくり返して渦巻き状の条紋があればそれもおいしい太秋の証拠。条紋はおいしさの印です。

 

◎食べ方
皮を薄くむいてガブッと食べる生食が一番。柔らかくなった柿は冷凍みかんのように冷凍庫で凍らせて食べてもいいですね。

 

◎保存方法
みずみずしい柿はポリ袋に密封して冷蔵庫に入れておけば10日~20日間はおいしさを保ちます。

 

◎「毎日くだもの200グラム運動」
果物の特性・機能などの情報をもっと知りたい方はこちらのホームページを見て下さい。http://www.kudamono200.or.jp/


 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。