総合トップへ

農産物(県産品)

もも(Peach)

2014年11月20日(木)

初夏の候-真っ赤に色付いたかわいらしいももが甘い香りをただよわせます。ふっくらとした美しい肌姿は高級果物として人気があり、最近は健康食品としても注目されています。食味は濃厚で上品な甘さ、口の中でとろけるようなおいしさです。

 

もも(Peach)

県下のももの生産量は745トン(H15)で、栽培面積は125ヘクタールです。ハウスで栽培されるももは、球磨地域を中心に盛んに生産されています。豊富な水ですくすくと育った甘くて果汁たっぷりの熊本産ももをご紹介しましょう。


 

 

栄養価 食品成分

(科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用 可食部100グラム当たり)  もも 生

 ・エネルギー40kcal ・水 分88.7g ・蛋白質0.6g
 ・脂 質0.1g ・炭水化物10.2g ・灰 分0.4g
 ・カルシウム4mg ・リ ン18mg ・鉄0.1mg
 ・ナトリウム1mg ・カリウム180mg ・マグネシウム7mg
 ・亜 鉛0.1mg ・銅0.05mg ・カロテン5μg
 ・ビタミンB10.01mg ・ビタミンB20.01mg ・ナイアシン0.6mg
 ・ビタミンC8mg ・食物繊維1.3g  

注意:この成分値は、画面で紹介している農産物の分析値ではありません


 

生産の様子

 

開花(ハウス・露地)受粉

◆開花(ハウス・露地)

花が咲く前に枝の上側についた小さな蕾(つぼみ)を摘み取って、養分の消費を抑えます。開花時にも花を摘んで養分の消費を抑え、大きくて充実した果実をつくります。ハウス花は2月下旬~3月上旬、露地花は3月下旬~4月上旬にかけて開花します。

◆受粉

ハウス栽培では、花が咲く2月下旬にミツバチを導入し、自然受粉を促します。ミツバチは気温が18℃以下になると活動しなくなるので、同時に手ばたきで花粉をつけていきます。また自分の花粉で実がつかない品種には一つひとつ手作業でほかの品種の花粉をつけていきます。


 

摘果袋かけ(露地)収穫(ハウス・露地)

◆摘果袋かけ(露地)

丸々と太ったおいしいももをつくるため、生育段階に応じて健全な果実をいくつか残してあとはすべて取り除きます。これを「摘果」といいます。5月下旬~6月になると露地栽培では色つきをよくしたり、雨による病気の発生や害虫を防除するために、一つひとつの果実に専用の袋をかけていきます。「備え付けの針金できちんと袋を枝に固定していかんと、あとですき間から病気が入り込んでしまう」と話すある生産者は、ほかの9人と一緒に約1週間で全ての果実に袋をかけていきます。その数なんと6万枚。収穫前には袋はぎの作業もあるので生産者たちにとっては大変な仕事です。

◆収穫(ハウス・露地)

5月~8月にかけてハウスももから露地ももへと収穫期が移ってきます。収穫1週間前にはシルバーマルチシートを樹の下に張って、太陽の反射光が樹全体に十分に当たるようにします。果実の色を良くし、高糖度のももに仕上げるためです。生産者たちは甘い香りがただよいはじめたら、朝や夕方の涼しいときに赤く熟れたももから丁寧に収穫していきます。「立派に育ったももを収穫できるこの時期が一番うれしか。腰を曲げずに大空を見上げながら作業するもも栽培は健康維持につながるよ」と笑顔で話す生産者。樹の年齢などにもよりますが1つの樹からおおよそ400~500個のももが収穫できます。


生産の工夫

 

管理作業出荷調整

◆管理作業

「おいしいももを育てるには徹底した水管理と温度管理が大切」と話すある生産者。ももは水が多すぎたり、少なすぎたり、また温度が高すぎたり、低すぎたりするとおいしさに大きく影響するため生育途中の水や温度管理にはとても気を使います。また収穫後は剪定や草刈り、畑に肥料を与える等、年間を通じてとても手がかかりますが、農家の人たちは毎年おいしい果実をつくるため、たくさんの細かい作業を行います。

◆出荷調整

収穫を終えたばかりのももを自宅で規格ごとに分けて箱詰めします。「ももはデリケートな果実だけん取り扱いには十分気をつけんとね」と話す生産者。きれいに化粧箱に入れてJAの集荷場に運びます。5月末~6月上旬にハウスももの出荷ピークを迎える県下のある集荷場では、期間中に日量1,500ケースを県内や北九州、福岡方面などに向けて送り出します。なお、露地ももの出荷は8月のお盆時期まで続きます。


 

備考

◎熊本県では食味のよい新しい品種「なつおとめ」などを、皆さんにいち早く供給できるよう生産量の増大に努めています。

 

◎ももを素材にした加工品も登場しています。例えばシャーベット状に凍らせたもものシロップ漬けやジャムのほか、ももの果肉をあんに練り込んだ饅頭、かりんとう、漬物など。これまで規格外のものは腐らせてたい肥にするしかありませんでしたが、新たな息吹を吹き込まれたももは加工品として注目を集めています。県下のある加工センターではももの収穫時期にあわせて毎年2,000キログラムを加工し、ユニークな商品をたくさん販売しています。

 


食品の栄養や機能性

 

ももの豆知識

もも(Peach)

◎見分け方・選び方
全体的にハリがあり、みずみずしいもの。ふっくらとした形で赤みがあるももをおすすめします。

 

◎保存方法
熟れる前から冷蔵庫に入れておくと、ももは完熟しないので、必ず常温で十分に熟させて下さい。食べる1~2時間前に冷蔵庫で冷やしておくと良いでしょう。

 

◎切り方
包丁を種の部分まで突き刺して、そのまま溝にそって種の周りにぐるりと包丁を入れて下さい。(このときももをギュと強くにぎらないこと。指で押えたところから痛んできますよ。)そしてももの左右を軽くひねるときれいに2つに分かれます。種はスプーンなどで取り除いて下さいね。皮はトマトと同じように湯に通してむくことができます。

 

◎「毎日くだもの200グラム運動」
果物の特性・機能などの情報をもっと知りたい方はこちらのホームページを見て下さい。http://www.kudamono200.or.jp/


 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。