総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  河内晩柑(Kawachi Bankan)

農産物(県産品)

河内晩柑(Kawachi Bankan)

2014年11月21日(金)

豊富な果汁と柔らかな果肉は和製グレープフルーツとして初夏にマッチする美味しさです。暑さを感じる季節にはよく冷やして食べるとより豊かな食味を楽しめます。

 

河内晩柑(Kawachi Bankan)

  部屋に置くとレモンのようなさわやかな香りが

  隅々までいっぱいに広がります。

昭和10年に熊本市河内町で偶然に発見された文旦(ぶんたん)の一種です。熊本県果樹試験場の調査で晩熟種としての優秀性が認められ、発見地にちなんで「河内晩柑」と命名されました。出荷時期は3月~6月頃と柑橘類のなかでは最も遅く、主に天草地域で栽培されています。県下全体の生産量は2,906トン(H16)で、全国第1位。直径10センチほどの縦長い果実の中には、ほど良い甘さと酸味のバランスがとれたおいしい果汁をたっぷりと含み、「ジューシーオレンジ」という名前でも販売されています。なお、この原木は今も毎年豊かに果実を実らせています。


生産の様子

 

開花収穫

◆開花

天草地域を中心に栽培されている河内晩柑は、5月の大型連休頃に4~5個の花が集まって咲きます。小さな果実が誕生すると、農家の人は肥料や水を与えたり、摘果を行うなど、より良い品質の果実をつくるために、さまざまな作業に取り組みます。

◆収穫

河内晩柑の収穫は、柑橘類では最も遅い3月以降に始まります。そのため、栽培適地も天草地域等の温かい所に限られます。また、出荷は3月から6月頃まで行われます。


 

食品の栄養や機能性



 

河内晩柑の豆知識

河内晩柑(Kawachi Bankan)

◎河内晩柑の皮の部分は捨てずに、はちみつ煮にしてそのまま食べることができます。かぜの予防にお試しあれ!

 

◎「毎日くだもの200グラム運動」
果物の特性・機能などの情報をもっと知りたい方はこちらのホームページを見て下さい。http://www.kudamono200.or.jp/


 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。