総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 農産物一覧 ]  >  デコポン(DEKOPON)

農産物(県産品)

デコポン(DEKOPON)

2014年11月21日(金)

日本一の栽培面積と生産量を誇る熊本のデコポン(不知火)。ポッコリと盛り上がったユニークな外観と抜群の甘さがキラリとひかります。ポンカンゆずりの芳醇な香りで、袋ごと食べることができます。そのうえ皮がむきやすく、手も汚れません。

 

デコポン(DEKOPON)

いよいよ収穫期を迎えたデコポン(不知火)。

 「清見」に「ポンカン」を交配して作られました。成り口(果梗部)に高い盛り上がり凸(デコ)を有するのが特徴で「デコのある清見ポンカン」を縮めて「デコポン」と呼ばれるようになりました。 品種名は不知火(しらぬひ)で、「デコポン」は熊本県果実連が商標として登録しており、果実品質が優良な物だけに与えられるブランドです。宇城地域、芦北地域・天草地域を中心に栽培されています。収穫は1月には終了しますが、その後貯蔵をしておき、5月まで順次出荷されます。


栄養価 食品成分

(科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用 可食部100グラム当たり)

 ・エネルギー  ・水 分  ・蛋白質 
 ・脂 質  ・炭水化物  ・灰 分 
 ・カルシウム  ・リ ン  ・鉄 
 ・ナトリウム  ・カリウム  ・マグネシウム 
 ・亜 鉛  ・銅  ・カロテン 
 ・ビタミンB1  ・ビタミンB2  ・ナイアシン 
 ・ビタミンC  ・食物繊維   

注意:この成分値は、画面で紹介している農産物の分析値ではありません


 

生産の様子

 

開花摘果

◆開花

加温ハウスで3月中旬頃、露地ものでは5月上旬頃に、小さくて白い花が咲きます。「開花後、実が生長しはじめるときが一番神経を使う時」と言う生産者は、果実に傷が入らないようにこの時期には細心の注意と努力を払います。

◆摘果

開花後、約1ヶ月が経過すると摘果作業が始まります。高品質のデコポンを生産するには不可欠の仕事。着果数を制限し、果実の肥大を促します。ここまで生長した緑色の若いデコポン。捨てるのはもったいないので柚子のように食酢として使われる場合もあります。


 

玉吊り収穫

◆玉吊り

加温ハウス栽培では5月のゴールデンウィークが終わると、そろそろ玉吊りの準備。ピンポン玉より少し大きめに生長した果実のヘタの少し上部にヒモをつけて吊ります。太陽の光が十分に差し込むよう、また果実への養分の流れをよくするために行います。また、重みで樹に負担をかけないよう枝つりも同時に行います。

◆収穫

11月20日頃から始まる加温ハウス内での収穫を皮切りに、12月~1月に無加温ハウス、ビニール屋根かけ、露地で次々と収穫が始まリます。農家の人たちは果実に傷をつけないようハサミで丁寧に収穫しながらコンテナに入れていきます。樹齢や葉の数にもよりますが、一本の樹におおよそ150個の果実がなります。

 

 

生産の工夫

 

栽培管理の工夫選果

◆栽培管理の工夫

「糖度を高め、酸を抑える」ために農家の人たちはさまざまな工夫をしています。例えば―
(1)果実検査。生育期間中には毎月、数個の検体をJAへ持参し検査を受けます。収穫直前には50個の検体すべてを光センサーに通して本格的な糖酸測定を実施。そこで合格しなければ、農家の人たちは収穫を始めることはできません。
(2)10月中旬から収穫時まで樹の下の土壌面をマルチで覆います。樹の水分吸収を抑えることでより糖度の高い果実をつくるためです。
(3)潅水用の水にはボーリングしたきれいな井戸水を使用。川の水は病気が入りやすいので使いません。
(4)これまで甘夏の木の幹に不知火の枝を接ぐ「高接ぎ」で増殖してきましたが、樹勢が低下しやすい等の問題があったため、苗木による改植に取り組み始めました。
(5)栽培土壌の下にコルゲート管(暗渠排水用パイプ)を通して排水性を高めています。

◆選果

光センサー選別システムのある選果場では光センサーを通り、糖酸測定を受けます。厳しい出荷基準を通過した合格品だけが「デコポン」の称号を得ることができます。合格基準に満たないものは農家の人たちが持ち帰ります。この基準は生産農家の人たちにとっては大変厳しいものですが、その分全国の市場からは絶大の信頼を得ています。出荷ピーク時の3~4月には1日50トン以上のデコポンが全国に送り出されます。

 

◎「光センサー選別システム」は果実を傷つけることなく、商品性を失わずに個別の糖度や酸のデータを正確に得ることができるシステムです。 


 

備考

◎第31回日本農業賞大賞を受賞
平成14年1月、JA熊本うきデコポン部会は第31回日本農業賞の集団組織の部で大賞を受賞しました。これは同部会の設立以来、新しいブランドづくりを目指し、デコポンの産地化に取り組んだ実績、また同時に粘り強い努力と高度な技術が高く評価されたものです。この受賞により、県下のデコポン栽培生産農家のさらなる発展に弾みがつくことでしょう。 なお、同部会は地元農産物への理解を深めてもらうため、毎年デコポン1,000個を不知火町の小中学校にプレゼントしています。


 

食品の栄養や機能性

 

 

デコポンの豆知識

デコポン(DEKOPON)

◎見分け方・選び方
厳しい検査基準をクリアした果実にはきちんと「デコポン」の商標ラベルを貼って出荷していますので、安心して購入できます。 「デコポン」ラベルはおいしさの印です。

 

◎保存方法
冬場だったら風通しのよい場所に常温で保管できます。4月以降暖かくなってきたら、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。6月くらいまでは大丈夫。糖度が高くなり、酸は切れてくるので、意外においしく食べることができます。

 

◎凸(デコ)の有無
「デコポンには凸あり・凸なしがあるけど、どちらがおいしい?」という質問を良く耳にします。ある生産者に尋ねてみると「味は変わらんよ。樹勢や開花時の温度差で凸の形が変わるだけ」とのこと。味に差異はなさそうです。

 

◎「毎日くだもの200グラム運動」:
果物の特性・機能などの情報をもっと知りたい方はこちらのホームページを見て下さい。http://www.kudamono200.or.jp/


 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。