総合トップへ

食品

牛乳(Milk)

2014年10月1日(水)

牛乳の栄養

牛乳(Milk)

◎牛乳のカルシウムは吸収されやすいのですか?

 普通の牛乳1本(200cc)には、およそ220mgのカルシウムが含まれています。
 カルシウムを多く含む食品には、他にも、小魚、海藻などがありますが、カルシウムの消化吸収の点では牛乳が最も優れています。その理由として、以下のことがあげられます。

 1.牛乳中に含まれている乳糖が腸管でのカルシウムの吸収を促進するため

 2.牛乳中に含まれているタンパク質(カゼイン)が消化管で分解され、腸管内のカルシウム溶解度が高められるため


◎牛乳にはカルシウム以外に何が含まれていますか?
 牛乳には、炭水化物やタンパク質、脂肪が含まれているのはもちろんのこと、リン、カリウム、マグネシウムなどのミネラルのほか、ビタミンA、ビタミンBもあり、多くの栄養素をバランス良く含んでいます。
 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。