総合トップへ

食品

茶(Green Tea)

2014年10月1日(水)

茶の栄養や機能性

茶(Green Tea)

渋みのもとであるタンニンの主成分「カテキン」はガン細胞の増殖を押える働きがあるほか、血圧・血糖の上昇を抑制する作用があります。また、歯の間にある老廃物を取り除くサボニンや抗菌作用があるタンニンを含んでいるため、お茶は口臭(脱臭)予防に最適です。カロチンやビタミンCはガン予防や抗酸化作用、ストレス解消にも効果的。フッ素は虫歯を予防します。最近は緑茶を飲むことがダイエットにつながり、カテキンが肥満防止に役立つ働きがあると言われ、注目されています。

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。