総合トップへ
ホーム  >  食品 [ 食品の栄養や機能性について ]  >  一寸そらまめ(Broad bean, Field bean)

食品

一寸そらまめ(Broad bean, Field bean)

2014年10月1日(水)

一寸そらまめの栄養や機能性

一寸そらまめ(Broad bean, Field bean)

タンパク質やカルシウムをはじめ、カロチンやビタミンB2などを豊富に含んでいます。豆類のなかでは大豆に次いで栄養価が高く、子どもたちのおやつにピッタリですね。

 

●一寸そらまめの食べ方
そらまめは、世界最古の農産物の一つで、エジプトでは、
4000年前から栽培されていました。
日本に入ってきたのは、聖武天皇の時代(8世紀)です。
一寸そらまめは、さやではなく、豆が3cmほどになる大粒のそらまめです。
空気にふれると急速に味が落ちるので、調理する直前にさやから出すのがポイント
です。

 

○そらまめの塩ゆで
 初夏の味覚として一番のおすすめは、ビールとの相性も抜群の塩ゆでです。
・水に塩を加えて、沸騰させます。(水カップ5に塩小さじ1の割合)
・さやから出したそらまめに塩少々をまぶし、強火で1~2分塩ゆでしてザル
  にあげて手早く冷まします。
 *一粒食べてみて、まだ堅いくらいでザルにあげるとちょうど食べ頃になり
   ます。
 *薄皮に切れ目を入れてゆでると塩味がしみこんでおいしくなります。

 

○そらまめとえびのかき揚げ
・そらまめは、さやから出して、薄皮をむきます。小エビは背わたと殻をと
 り、小麦粉をまぶしておきます。
・天ぷらの衣を作り、そらまめ、小エビを加えて軽く混ぜます。
・揚げ油を180℃に温め、大きめのスプーンですくってすべらせ、カラッと揚
 げます。
 *ホクッと揚がったそらまめが美味。彩りもきれいなかき揚げです。

 *そらまめを揚げるとき薄皮をむくか、ツメの部分に包丁で切れ目を入れてく
ださい。そのまま揚げるとはじけて、やけどしてしまうことも。御注意くださ
い。

 食べ方の情報提供:熊本県食品加工研究所(農業専門技術員)

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。