総合トップへ
ホーム  >  食品 [ 食品の栄養や機能性について ]  >  すいか(Watermelon)

食品

すいか(Watermelon)

2014年11月1日(土)

すいかの栄養や機能性

すいか(Watermelon)

Watermelonというように、すいかの91パーセントは水分ですが、意外にその栄養価は高いようです。カリウムやシトルピン、ピコリン、リン酸などの利尿作用を促す成分が豊富に含まれ、「賢臓の妙薬」と言われるほど。賢機能の衰えからくる尿毒症やむくみを改善するほか、「酒毒を防ぐ」というすいかの薬効には二日酔いを抑制する作用があります。保存用には果肉と果汁をじっくり煮詰めた「すいか糖」が昔から作られてきました。また、捨ててしまいがちなすいかの種はコレステロールの低下に効果があるリノール酸をたっぷり含み、炒った種は豆に匹敵するほ

どのタンパク質や脂肪を含みます。すいかの糖分は疲労回復に役

立ち、ビタミンCの酸化や破壊を防ぎます。そのため摂取したビ

タミンCが鉄分の吸収を促して貧血を予防してくれます。


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。