総合トップへ

食品

ゆず(Yuzu)

2014年10月1日(水)

ゆずの栄養や機能性

ゆず(Yuzu)

日本では冬至にゆず湯に入る習慣があります。この日ゆず湯に入ると、「風邪をひかずに一年中元気でいられる」とよく言われますね。実際、ゆずの皮に含まれる成分には血行や新陳代謝を促す働きが含まれ、殺菌作用や鎮痛作用もあるので、寒い冬にゆっくりゆず湯に入れば、風邪だけでなくリウマチや関節炎の腫れ、腰痛や神経痛の痛み、しもやけ、あかぎれにも効果的。ゆず湯の香りはアロマテラピーのリラックス効果も期待できますね。食酢な

どとして利用されるゆずの果汁については、疲労回復、肩こりを

予防し、胃痛を解消すると言われ、コレステロール値を下げる成

分が含まれています。


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。