総合トップへ
ホーム  >  食品 [ 食品の栄養や機能性について ]  >  梅(Japanese Apricot)

食品

梅(Japanese Apricot)

2014年10月1日(水)

梅の栄養や機能性

梅(Japanese Apricot)

クエン酸、リンゴ酸、コハク酸などの有機酸を多く含んでいるため、疲労回復や殺菌効果を発揮します。なかでもクエン酸は代謝を活性化し、疲労によって体にたまった乳酸などを燃焼させる働きをします。

 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。