総合トップへ

食品

トマト(Tomato)

2014年10月1日(水)

トマトの栄養や機能性

トマト(Tomato)

西洋では「トマトが色づくと医者が青くなる」と言われます。トマトが出回りみんなが食べだすとたちまち病気にかかる人が減って医者が要らなくなってしまう、という意味です。「トマトのある家に胃病なし」などのことわざもあり、トマトが野菜の中では糖度も高く、豊富な栄養素をたくさん含んでいることをうまく表現したものです。実際、太陽の光を存分に浴びて育ったトマトにはビタミン類をはじめ、カロチンやカルシウムなど、さまざまな栄養成分がバランスよく含まれています。

そのなかでも最近、注目を浴びているのがリコピン。トマトの色

が真っ赤になるのはこのリコピンという色素によるもので、生活

習慣病の予防に効果があると言われています。


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。