総合トップへ
ホーム  >  くまもと食・農ネットワーク運営委員リレーコラム   >  くまもと食・農ネットワークリレーコラム【第110回:南 久則委員】

くまもと食・農ネットワーク運営委員リレーコラム

くまもと食・農ネットワークリレーコラム【第110回:南 久則委員】

2018年7月13日(金)

「食・栄養・健康」と「環境」

 

                                熊本県立大学 環境共生学部  

                                         南 久則

 

 筆者は環境共生学部という名称の管理栄養士養成施設に所属し、教育・研究に従事している。学科名は食健康科学科である。学部名に「環境共生」とあり、「環境共生」と「食・栄養・健康」のつながりをいろいろ考えてきましたが、なかなか結論が出ないまま20年が経ってしまった。

 ・環境負荷を与えない食生活を研究する。

 ・環境変動が栄養・健康に及ぼす影響を研究する。

 ・環境変化や自然災害等よる飢餓に負けない社会体制の研究をする。

 ・健康・長寿をサポートできる都市計画を考える。

 ・高齢化に伴う栄養弱者(買い物ができない、食物にアプローチできない)への対応

等々、様々な問題があります。「食・農」の連携はこのような問題を解決することにつながると思いますがなかなか進んでいません。会員の皆様から、ご意見や研究課題のアイデア等ありましたらぜひお寄せください。

 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。