総合トップへ
ホーム  >  食品 [ 地域加工品(伝統食) ]  >  チンゲンサイのビール漬け

食品

チンゲンサイのビール漬け

最終更新日[2014年11月5日]
チンゲンサイのビール漬け ■材料
チンゲンサイ20株(約3.2kg)
塩水水3リットル+塩90g
塩90g(ふり塩用)
ビール180ml
白ざらめ100g
赤唐辛子15本
コンブ20枚 3cm角
麹50g

■容器10リットル樽、重石6~7.5kg、食用ポリ袋

■つくりかた

1(下漬け)
チンゲンサイはよく洗ってから外葉を除き、傷があれば包丁で切り取る。

2樽に水と塩を入れ、塩が溶けるまでよくかき混ぜて塩水をつくる。ふり塩をしながらチンゲンサイを樽に詰めて重石をのせ、一昼夜下漬けする。さらに本漬けの前に緑葉の部分を手でもんであくを出してから、流水で洗う。こうすることで、色よく鮮やかに、やわらかく仕上がる。

3(本漬け)
チンゲンサイの水けを絞って、樽の中に交互に並べる。全部詰め終わったら、ビールを注ぐ。

4さらに白ざらめをふり、唐辛子、コンブ、ばらばらにした麹を加える。

5ポリ袋をかぶせて密封の重石をのせる。1~2週間が食べごろ。涼しいところで3週間はもつ。


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。