総合トップへ
ホーム  >  食品 [ 地域加工品(伝統食) ]  >  白菜のキムチ

食品

白菜のキムチ

最終更新日[2014年11月5日]
白菜のキムチ ■材料
白菜 2個(約3kg)
塩水 水3リットル+塩90g
塩 90gふり塩用
ニンジン 1本
ダイコン 1/4本
ニラ 1/2束
リンゴ 1/2個
ショウガ 1かけ
ニンニク 12かけ(約2個分)
イカの塩辛 適宜
赤唐辛子 30g粉末
麹 90g

■容器10リットル樽、重石6から7.5kg、食品用のポリ袋を用意する。

■つくりかた

1 (下漬け)白菜は水洗いして、縦に4つ割にする。
2 樽に水と塩を入れ、塩が溶けるまでよくかきまぜて塩水をつくる。白菜にふり塩をしながら樽に詰めて重石をのせ、一昼夜下漬けする。
3 (本漬け)キムチの材料は塩辛、麹、唐辛子を除いて、すべて千切りか粗いみじん切りにする。ニンジン、ダイコンは、塩を少々ふって、しんなりしたらよく絞っておく。
4 3の材料をすべてボウルに入れて唐辛子と麹を加え、さらに塩辛を入れて全体をよく混ぜ合わせる。
5 下漬けした白菜を流水でよく洗い、あくや余分な塩分を流したら、よく絞って水分をとり、葉と葉の間に4を詰めていく。
6 すきまなく樽の中に詰め終わったら、樽より大きめのポリ袋をかぶせて重石をのせる。食べごろは3日目ごろから。冷蔵庫で3週間はもつ。


■ポイント

キムチの材料は白菜の10%が目安。
温度が高いとき、長期保存のときは塩量を加える。


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。