総合トップへ
ホーム  >  食品 [ 地域加工品(伝統食) ]  >  ダイコンのべったら漬

食品

ダイコンのべったら漬

最終更新日[2014年11月5日]
ダイコンのべったら漬 ■材料
ダイコン 5本 皮をむいて約5kg
塩水 水5リットル+塩400g
塩 400g ふり塩 大根の8%
白ザラメ 500g グラニュー糖でも可
赤唐辛子 5本
米麹 150g

■つくりかた

1 (下漬け)ダイコンの葉の部分は、5cm位残して切り落とす。
2 ダイコンの先端を切り、皮をむく。大きいものは、縦2つ割にする。
3 樽に塩水をつくり、ダイコンを並べ、塩をふりながら漬け込んでいく。
4 全部並べ終わったら、樽より大きめのポリ袋をかぶせて、重石をできるだけきつめにして、2昼夜おく。
5 (本漬け)
充分に水分があがったら、下漬けダイコンの葉の部分を樽の中で、よくもんでアクを出す。
6 流水でアクと余計な塩分をていねいに洗い流す。
7 麹と白ザラメを混ぜておく。(白ザラメは下漬けダイコンの20%の分量が目安)
8 6のダイコンに7をまぶしつけながら樽に漬けていき、赤唐辛子をちらして重石を半分に減らして本漬けする。涼しいところに保管し、1週間から10日目くらいが食べ頃になる。


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。