総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

砂野 光代

最終更新日[2014年12月25日]
砂野 光代 【技術の種類】伝統料理

 【食の技】

料理・加工品名

地域行事や農業生産等との関わり

受賞歴等

にがごりのどろり揚げ 夏の料理として昔から伝わっている料理。夏場の食欲増進を図る。(地方によっては“粉かけ”とも言う)  

 

 

にがごりのどろり揚げ

にがごりのどろり揚げ

 ◆材料(5人分)
かぼちゃ 400g
にがごり 150g
なす   300g
いりこ  20g
油    大さじ2
酒    大さじ2
さとう  30g
しょうゆ 80g
小麦粉  1/2カップ
(水 450cc)
 

 


 

◆作り方
(1) かぼちゃは角切り、にがうりは縦半分に割り種を除いて8mm位の厚さに切る。なすは2cm位の厚さに切る。
(2) フライパンに油を熱し、いりこ、にがうり、かぼちゃを入れ油が全体にまわるまで炒め、なすをいれさらに炒める。
(3) (2)に水を入れ、ふたをして野菜が柔らかくなるまで煮る。
(4) (3)にさとう、酒、しょうゆを入れ味を調える。小麦粉を水で溶いたものを少しづつ回し入れかき混ぜる。
(5) 小麦粉に火が通ったら、火を止める。


 

◆技術のポイント

・小麦粉を水で溶き流すとき、ダマにならない様溶いておく。
・小麦粉を入れたら煮過ぎない様にする。

 

〔料理名1〕 にがごりのどろり揚げ
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。