総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

葛原 清子

最終更新日[2014年12月25日]
葛原 清子 【技術の種類】伝統料理

 【食の技】

料理・加工品名

地域行事や農業生産等との関わり

受賞歴等

のっぺ汁 田舎では祭りの時、正月、寒い時期の定番料理です。自宅で飼っていた鶏をつぶし、必ず骨で出汁をとって「のっぺ」を作っていました。  

 

 

のっぺ汁

のっぺ汁

◆材料(4人分 )  分量

鶏肉(もも肉)  200g
大根        200g
人参(中)      1本
れんこん(中)     5cm
ごぼう(中)      1本
こんにゃく(中)   1/2枚
干し椎茸           3枚
厚揚げ              1/2枚
水       500ml
濃口しょうゆ        少々

A)
砂糖          大さじ3
みりん           大さじ1
薄口しょうゆ        50ml


 

◆作り方

【下準備】干し椎茸は水に戻しておく。
(1)れんこん、ごぼうは1cm角に切り水にさらす。
(2)他の材料もすべて1cm角に切っておく。
(3)鍋を熱し鶏肉から入れ、次に煮えにくい野菜から入れ全体を炒め、
 最後に厚揚げを入れ、水を入れて煮る。
(4)ひとふきしたらアクを取り、Aを入れて再び煮る。
(5)材料が柔らかくなったら味をみて、濃口しょうゆで味を調える。


 

◆技術のポイント

・最初から濃い味をつけず、ひと煮炊き(10分~15分)したら火を止め完全に冷めてから、また火を入れる。

 これを2~3回くり返すと材料に味がしみ込み、おいしくなる

 

 

〔料理名1〕 のっぺ汁
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。