総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

福嶋 求仁子

最終更新日[2014年12月25日]
福嶋 求仁子 【技術の種類】特産加工品

 【食の技】

料理・加工品名

地域行事や農業生産等との関わり

受賞歴等

アスパラガスの炊き込みご飯 ・今後、合志市(JA菊池管内)のアスパラ生産量が増加することが見込まれ、その美味しさをアピールできればと思っています。 ・手早く、簡単で、いつも常備している材料で作れることを大切にしています。  
アスパラガスとタラの白和え 合志市(JA菊池管内)のアスパラガス生産量は増加が見込まれているので、美味しさをアピールしたい。また白和えはいつもの食卓でも手軽に出来ればと思います。  

 

 

アスパラガスの炊き込みご飯

アスパラガスの炊き込みご飯

◆材料(2~3人分)   分量

・米          2合
・アスパラガス(中)  5本
・水        カップ3
・しらす     カップ1/4

A)
・塩         小さじ1/2
・酒          大さじ1
・薄口しょうゆ     大さじ1
・みりん        大さじ1

 

 

 

◆作り方

(1)米は、洗ってザルに上げておく。
(2)アスパラの硬い部分はピーラーで皮をむく。皮は(3)で使うので、とっておく。
(3)鍋に水を入れて沸騰させ、アスパラガスを硬め(1分)に湯がいて取り出す。その湯の中に(2)の皮を入れ、

 2分程ゆがき、そのまま冷ましておく。湯がき汁は、米を炊く時に使用するのでとっておく。
(4)炊飯器に、米と(3)の湯がき汁2カップ分、Aの調味料を入れる。
 (ここで水の量は、好みの硬さに調整する。)
(5)(4)にしらすを入れて、ご飯を炊く。
(6)(3)のアスパラガスを食べやすい大きさに切り、ご飯が炊き上がったら混ぜ合わせる。(5分程むらしてもよい)
(7)器に盛り付け、好みのトッピングを添えて出来上がり。

 

◆技術のポイント

・アスパラの香りを残す為に、アスパラの湯がき汁を使用する。

 

 

アスパラガスとタラの白和え

アスパラガスとタラの白和え

◆材料(4人分)   分量

・アスパラガス(中)   4本
・豆腐         半丁
・すき身タラ        1/4
・塩    小さじ1/3~1/2
・昆布だしの素 小さじ1/2

B)
・ごま       大さじ1
・みそ       大さじ1
・砂糖       大さじ2
・塩    小さじ1/3~1/2
・昆布だしの素 小さじ1/2

A)
・酒          大さじ2
・砂糖          大さじ2
・みりん        大さじ1
・しょうゆ       大さじ1


 

 

◆作り方

【下準備】すき身タラは、一晩水につけ塩抜きをする。


(1)タラの身をほぐして骨を取り除き、調味料Aで煮付けておく。
(2)アスパラガスは湯がき、食べやすい大きさにカットしておく。
(3)豆腐は熱湯に通して水切りをする。冷めたら布巾でしぼる。
(4)すり鉢に調味料Bと(4)の豆腐を入れてする。(入れる順番はごま、みそ、豆腐、砂糖、塩、昆布だしの素)
(5)(1)、(2)を(4)と和え、器に盛り付ける。最後にごまを散らす。

 


技術のポイント
・アスパラガスを湯がく時間は、長くて2分半まで。アスパラガスをもっとも美味しく食べられます。
・豆腐の絞りすぎにも注意。

 

〔料理名1〕 アスパラガスの炊き込みご飯
〔料理名2〕 アスパラガスとタラの白和え
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。