総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

坂本 喜美代

最終更新日[2016年5月19日]
坂本 喜美代 【技術の種類】特産加工品
【食の技】 
料理・加工品名地域行事や農業生産等との関わり受賞歴等
水田ごぼうの香り揚げ 菊池は水田ごぼうの産地。4,5月の若葉の香りのする時期はごぼうが最も美味しい時期です。 

 

水田ごぼうの香り揚げ

水田ごぼうの香り揚げ

 

水田ごぼうの香り揚げ

◆材料(2~3人分)
水田ごぼう     200g
サラダ油       適量
片栗粉        適量
炒りごま・すりごま  適量

 

▼A
醤油  大さじ1
砂糖  大さじ2
みりん 大さじ1
水   大さじ2

 


◆作り方
(1)ごぼうは皮をこそげ落とし、好みの長さに切ってアクを抜く。ザルに返し水気のあるうちに片栗粉をまぶしておく。
(2)タレを作る。(材料を合わせ、煮立てておく)
(3)片栗粉をまぶしたごぼうを170℃に熱した油で揚げる。(油をよく切ること)
(4)Aの材料を混ぜひと煮立ちさせ、タレを作っておく。
(5)揚げたごぼうをタレにくぐらせ、ごまをまぶし(好みの量で)、器に 盛る。

 

 

◆技術のポイント

・揚げたごぼうをタレにくぐらせる時は、手早く作業する。お好みで、唐辛子やトウバンジャンを入れると変わった味が楽しめます。

 

 

〔料理名1〕 水田ごぼうの香り揚げ
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。