総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

島﨑 洋子

最終更新日[2016年12月19日]
島﨑 洋子

南関ふしそうめんのあれかけ


南関ふしそうめんのあれかけ

◆材料(10人分)        
・南関ふしソーメン 2袋(200g) ・小豆 450g 
・砂糖 500g ・塩  小さじ1 ・水 3リットル

◆作り方
(1)    小豆は一晩水につけ、つけ水は捨てる。圧力鍋につけた小豆と1リットルの水を圧力鍋に入れ、沸騰したら中火にして煮る。
(2)    煮た小豆を粗くつぶしにして砂糖を加える。
ふしソーメンは鍋に水2リットルを沸騰させ約2分茹でる。
(3)    ザルにあけて湯を切り、冷水でもみ洗いし表面のぬめりを取る。
(4)    (2)に(4)を入れ中火で混ぜながら5分程度温め塩を加える。

◆技術のポイント・工夫点
つぶした小豆に、素麺を入れる時、水分が多くても後でしんなりしてくる。

◆地域文化等との関わり
南関町の特産品、南関素麺のふしを使用。ふし素麺は麺を作る際の副産物で、伸ばすときに棒にかかる曲線部分で触感も違ってくるので素麺とは違う風味がある。この素晴らしい地域食材を活かした。


〔料理名1〕 南関ふしそうめんのあれかけ
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。