総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

開 民子

最終更新日[2018年3月1日]
開 民子

 コーンクリームコロッケ

コーンクリームコロッケ

◆材料(16個分)
ホールコーン缶(410g)1缶
バター 60g
タマネギ 1個
小麦粉 100g
牛乳 500cc
顆粒コンソメ 小さじ1 
塩コショウ 少々
小麦粉、溶き卵、パン粉、揚げ油 適量

 

◆作り方
1.タマネギはみじん切りにする。牛乳は40°ぐらいに温めておく
2.フライパンにバターを入れ、みじん切りのタマネギを炒める。ふたをして3分位置き、小麦粉をいれ全体にからめる
3.中火にし、コーンを汁ごといれて混ぜ合わせ、ヘラで混ぜながら牛乳を少しずつ加え混ぜる
4.ラップに流し棒状(2本)にまとめ冷蔵庫で固める
5.1本を2等分にし小麦粉と溶き卵をあわせたものにくぐらせ、パン粉をつけて揚げる。


◆技術のポイント・工夫点
・しっかり冷やすと形を作りやすく、包丁で切り分けられるようになる。
・ラップに流す時、下にまきすをしいておくと棒状にしやすい。


◆地域文化等との関わり
西日本一の酪農地帯である菊池地域の酪農女性の1人として、牛乳の消費拡大に取り組み、「飲む牛乳」から「食べる牛乳」へをコンセプトに牛乳料理の開発・推進に取り組んでいる。

 

生キャラメル

生キャラメル

◆材料( 40個分 )
 生クリーム 200cc
 牛乳 200cc
 バター 20g
 砂糖 100g 
 クッキングペーパー

◆作り方
1.テフロン加工のフライパン(鍋)に材料をいれる
2.噴きあがらないように注意しながら混ぜ続け煮詰める
3.ヘラで混ぜ、鍋底が見えるようになったらクッキングペーパーの上に流しあら熱をとる。
4.冷蔵庫で冷やし好みの大きさに切り、(8cm四方に)切ったクッキングペーパーで包む。
※ 塩キャラメルを作るときは、始めから(ひとつまみの)塩をいれる。
抹茶キャラメルを作るときは、半量ぐらいに煮詰まったときに抹茶をいれる。(小さじ1)

 

◆技術のポイント・工夫点
煮詰めるときに、焦がさないようによく混ぜながら煮詰める。


◆地域文化等との関わり
ホームステイ受け入れの際に、生キャラメル作りをしており、地域の活性化と地元産の牛乳の消費拡大に取り組んでいる。

〔料理名1〕 コーンクリームコロッケ
〔料理名2〕 生キャラメル
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。