総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

赤木 みえ子

最終更新日[2019年4月2日]
赤木みえ子

くつろぎの一時(蒸しパン)

赤木みえ子

◆材料(5人分  15cmの流し型1台分)
・薄力粉        150g    
・ベーキングパウダー  小さじ1と1/2
・黒糖(粉末)     130g 
・水          100ml
・卵白         2個分    
・サラダ油       大さじ2
・栗甘露煮       50g

 又はさつま芋(砂糖で薄く下味)50g
・黒ごま        小さじ1   
・サラダ油(型用)   少々


◆作り方
(1)鍋に黒糖と水を合わせて火にかけ、黒糖を溶かし冷ます。
(2)しっかりと泡立てた卵白に(1)を少しずつ加える。
(3)ふるいにかけた、薄力粉・べーキングパウダーをサックリ混ぜ合わせる。
(4)サラダ油を加え、全体を軽く混ぜ合わせる。
(5)サラダ油を塗った型に流し、ごまを散らし30分程蒸す。
 ※栗やさつま芋は生地に混ぜ込む分と上に散らす分に分ける。

 

◆技術のポイント・工夫点
卵白は角が立つほどしっかり泡立てる。
卵白を泡立てて入れることで柔らかく仕上がり、冷めても美味しい。

◆地域文化等との関わり

熊本県産の小麦粉、南関町特産品の栗やさつま芋を使用。
昔懐かしいお菓子を地域食材で作りました。
小豆や高菜漬け等、季節の食材を取り入れて、いろんな味が楽しめます。



 

〔料理名1〕 くつろぎの一時(蒸しパン)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。