総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

木村 千恵子

最終更新日[2019年4月2日]
木村千恵子

ラブリーなきみたち

木村千恵子

◆材料(10人分)
卵焼き4種類
【プレーン】
・卵 7個・砂糖 大さじ3
・塩 小さじ1

【にら入り】
・卵 7個  

・砂糖 大さじ3  
・塩 小さじ1
・にら 40g
【万次郎かぼちゃ入り】
・卵 7個  
・砂糖 大さじ3  
・塩 小さじ1  
・万次郎かぼちゃ 50g 
・塩少々
【のりと小えび入り】
・卵 7個  
・砂糖 大さじ3  
・塩 小さじ1弱
・海苔 1枚  
・小えび 大さじ6

◆作り方
(1)卵焼き器をよく熱し油を少量引く。材料を混ぜ込んだ卵液を弱火で4回に分け重ね焼きする。
(2)にらは小さく刻み、(1)と同様に焼く。
(3)万次郎かぼちゃは皮をむき、1cm角に切り塩少々を振りレンジにかける。
(4)のりは半熟の時にのせ、巻き込んで焼き上げる。
 
◆技術のポイント・工夫点
・柔らかく仕上げるために1回目を流し込み、箸で大きく混ぜ手前に寄せ合わせ、ふわっと形を整えて2回目を流し込み、重ね焼きにする。
・かぼちゃは1回目にたくさん流し入れ、隙間ができない様に気を付ける。栄養と色合いを考えた。
・鮮やかな黄色に仕上げるために焦げ目が付かないよう、弱火でじっくり焼く。
◆地域文化等との関わり
地鶏の放し飼いの卵を使用。特産品の万次郎かぼちゃやニラ、有明海で育った海苔や小えびを使用し、いつも食べている卵焼きにバリエーションをつけた。
〔料理名1〕 ラブリーなきみたち
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。