総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

三嶋 邦子

最終更新日[2014年12月25日]
【技術の種類】新郷土食
 【食の技】

料理・加工品名

地域行事や農業生産等との関わり

受賞歴等

かるかん 地元で山芋が採れる時に、お茶請けとして  
おはぎ   
いなり寿司   

 

かるかん

かるかん

 

◆材料(約20個分)


かるかん粉     200グラム
山芋             200グラム(皮をむいた量)(白里芋でもよい)
グラニュー糖 200グラム
卵白             2個
水                150cc~260cc(いもの硬さで加減する)
サラダ油 少々(かるかん容器に塗る分量)

 

 

◆作り方
(1)山芋は皮をむいたら、すぐ酢水につけてアクをとり、水気を拭き取る。(山芋の場合は皮をむいたら、きれいに洗う)
(2)(1)を2センチ角に切り水少々を入れてにミキサーにかける。(気泡が多くできるように念入りに)
(3)ボールに卵白を入れ、砂糖を2~3回に分けて加えながら、角が立つくらい硬く泡立てる。(重要)
(4)(2)にかるかん粉と残りの砂糖と水を入れ混ぜる。(水の量は加減する)
(5)(4)に泡立てた卵白を入れさっくりと混ぜ合わせる。(卵白の泡をつぶさないように気をつける。)
(6)容器に薄くサラダ油を塗り材料を注ぎ分け、蒸気の上がった蒸し器に入れて(布巾をかけて)強火で蒸す。

      (蒸し時間によって出来上がりが違うので注意する。)

 

 

◆技術のポイント

・山芋をミキサーにかける時は、気泡が多くできるように入念に
・卵白の泡をつぶさないように気をつける

 

〔料理名1〕 かるかん
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。