総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

菅原 静子

最終更新日[2014年12月25日]
【技術の種類】特産加工品
 【食の技】

料理・加工品名

地域行事や農業生産等との関わり

受賞歴等

鶏肉と夏野菜のトマトソース煮 減塩農薬栽培しているトマトに付加価値をつけた。規格外のトマトでもおいしいトマトソースが作れ、地域の特産品を使用して、日々の食生活を活性化させる。  

 

鶏肉と夏野菜のトマトソース煮

鶏肉と夏野菜のトマトソース煮

 
◆材料(4人分)

 

トマトソース
 ・トマト     1kg
  A…にんにく  1片
   …オールスパイス、シナモン、ホワイトペッパー  各少々
   …砂糖    小さじ1
   …塩     少々

 ・鶏手羽元    16本
 ・玉ねぎ     中3個
 ・ピーマン    5個
 ・人参      1本
 ・なす      2本
  B…ウスターソース  大さじ4
   …砂糖       大さじ1/2
   …酒        大さじ3
   …しょうゆ     大さじ1
   …ブイヨン(固形) 1個
   …水        100cc

 

 

 

◆作り方

 

(1)トマトソースを作ります。
 トマトはへたを取り、1~2cmもスライスして弱火にかける。水分が出たら、火から下ろし冷ます。
 ミキサーにかけて、ザルでこす。Aの調味料を入れて、半量になるまで煮詰める。
(2)手羽元は、フライパンに大さじ1の油をひいて焼き、焦げ目をつける。なすは2~3cmの輪切りにして素揚げする。
(3)玉ねぎはくし型に切り、人参は2cmぐらいの輪切りにする。
(4)手羽元、玉ねぎ、人参を圧力鍋に入れ、Bの調味料を入れて火にかける。圧力がかかって1分で火を止める。
(5)(4)に(1)となすとピーマンを入れて、弱火で15~20分煮込む。

 

  

◆技術のポイント

 

・トマトソースには水を使わない。ザルでこすことで、トマトの皮と種を取り除くことができる。
・トマトソースは多めに作って、冷凍ができる。
・野菜は季節の野菜を入れる。

 

 

〔料理名1〕 鶏肉と夏野菜のトマトソース煮
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。