総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

寺本 啓子

最終更新日[2014年12月25日]
寺本 啓子 【技術の種類】伝統料理
 【食の技】

料理・加工品名

地域行事や農業生産等との関わり

受賞歴等

さくら餅 地元の高齢者が交流するための「いきいきサロン」やJA女性部のあつまりなどに、おやつでもっていくととても喜ばれます  

 

さくら餅

さくら餅


◆材料(9個分)


白玉粉 30グラム
水   1~1.5カップ
砂糖  30グラム
小麦粉 100グラム
食紅  少々
桜の花の塩漬け 18本
練あん 360グラム

 

 

 

◆作り方
(1) 白玉粉を水でとき、砂糖を加え、小麦粉を混ぜる
      食紅を入れ、よく混ぜ、ふきんをかけて30分ほど休ませておく
(2) 桜の花は、さっと水洗いしておく
(3) あんを俵型に整える
(4) 鉄板に(1)のタネを5~10cmにのばし、桜の花を置き、周りが乾いたら裏返してあんを包む


 

  

◆技術のポイント

 

桜の花の塩漬けも自分で作ります。
いったん塩漬けしたものを、水洗いしたのち梅酢につけるのがポイントです。1年間程度保存できます。

塩漬けする桜は、五分咲き程度のものがちょうどよいです。
 

 

 

〔料理名1〕 さくら餅
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。