総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

吉岡 節子

最終更新日[2014年12月25日]
【技術の種類】伝統料理
【食の技】

料理・加工品名

地域行事や農業生産等との関わり

受賞歴等

山菜おこわ、とじこ豆、さけちらしずし 農業祭(ふるさと自慢まつり)  
わかさきの大豆フライ ふるさと鹿本の味 料理コンテスト 
こんにゃく アドバイザー集で紹介(加工)  

 



 干したけのこと椎茸の煮物

干したけのこと椎茸の煮物

◆材料(10人分)


干したけのこ  300g
椎茸      100g
いりこ・桜えび
コンソメ    3個
薄口醤油    大さじ2杯
砂糖      大さじ3杯
みりん又は赤酒少々

 

 

 

 

◆作り方

 

1. 干したけのこはよくもみ洗いして圧力鍋でシュッーと言ったら、火を止める。二度繰り返し、そのまま一晩漬けておく。
2. 柔らかくなっているので、食べやすい大きさに切っておく。
3. 椎茸を戻したら切る。(圧力鍋に3分かけて戻す)
4. 夏は油なしで、無水鍋で椎茸の漬け汁と砂糖、みりん少々、コンソメで煮る。味加減をみて醤油を入れる。


 

 
◆技術のポイント

 

たけのこは圧力鍋で炊き、そのまま一晩置いておくと、柔らかくなる
 
 
〔料理名1〕 干したけのこと椎茸の煮物
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。