総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

国津喜久代

最終更新日[2014年12月19日]
【技術の種類】伝統料理
【食の技】

料理・加工品名

地域行事や農業生産等との関わり

受賞歴等

八島ソーダ饅頭 各種イベントにおける饅頭の販売  
手作り味噌 各種イベントにおける味噌の販売  

 

八島ソーダ饅頭

八島ソーダ饅頭

◆材料(32個分)


・小麦粉・・500g
・砂糖・・175g
・ソーダ・・10g
・水・・175g
・酢・・10g

 

 あん
・小豆・・250g
・砂糖・・250g
・塩・・少々

◆作り方


生地
1.小麦粉とソーダを混ぜ、ふるっておく。
2.砂糖は、金ザルに入れ分量の水と酢で溶かす。
3.1.の中に2.を入れ、耳たぶくらいの軟らかさにこねる。

 

あん
1.小豆をやわらかく炊き、ミキサーにかけ布巾で絞る。
2.鍋の中に2/3のこしあんと砂糖を入れ、しばらく煉り、残りの1/3のこしあんと塩を入れ、適当な固さに煉りあげる。
3.生地を32個に分け、丸めて棒で延ばし、あんを包んで14分間蒸してできあがり。


 

 
◆技術のポイント

 

・生地はあまりこねない。
・やわらかい生地が好みの場合、饅頭パウダーやミックス粉を少量いれてもよい。
・長く蒸しすぎると黄色くなるので注意する。・完全手作りにより、添加物を一切使用しない。

 
 
〔料理名1〕 八島ソーダ饅頭
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。