総合トップへ

くまもとふるさと食の名人

松山 由季

最終更新日[2021年1月20日]
松山さん写真

生キクラゲの酢の物

料理の写真

◆材料(4人分 )
 キクラゲ   50g
 トマト  100g
 キュウリ 100g
 新玉ねぎ  80g
 生姜    80g
 ゴマ      少々
  砂糖    30g
  酒     50cc
  みりん   30cc
  酢     50cc
  塩こしょう 少々
  からし    少々


◆作り方
1.トマトを湯むきし、角切りにする。
(大きさの目安は1cm程。キクラゲと玉ねぎも同じ。)
2.キクラゲを10分程水に浸けておき、角切りにし、30秒湯通し、ざるにとって冷ます。
3.新玉ねぎを角切りし、少しレンジにかける。500Wで30秒程。
4.キュウリを乱切りし、塩をふる。
5.生姜を千切りする。
6.上記を調味料で味つけ、冷蔵庫で30分おく。


◆技術のポイント・工夫点
キクラゲは生を使い、調理する時まで水に浸けておくことでプルプル食感が増す。
新玉ねぎは、軽く温めることで味が染み込みやすくなる。

 

◆地域文化等との関わり
八代の山あい東陽町で生産された珍しいキクラゲを日本全国にPRしたい。

〔料理名1〕 生キクラゲの酢の物
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。