総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 用語データベース ]  >  生産基盤の整備と経営体の育成

農産物(県産品)

生産基盤の整備と経営体の育成

最終更新日[2014年11月5日]

農業の持続的な発展と食料の安定供給を図るためには、効率的かつ安定的な経営体が農業生産の相当部分を担う農業構造の確立を推進する必要があります。このため、ほ場の整備を行うことと併せて、地域農業の中心となる経営体(認定農家、生産組織等)を育成し、その経営体による経営面積が地区内の相当部分となることを目的として、水田や畑の農業生産基盤の整備事業(ハード事業)を実施しています。
なお、経営体育成のために、地区内の農地利用集積を行うことを目的として、農地利用集積のための指導推進活動費の補助と同時に、ハード事業の地元負担軽減を行う経営体育成促進事業(ソフト事業)を併せて行うことが出来ます。

 

担当課室名 : 農村整備課
担当係(班) : 農地資源班

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。