総合トップへ

農産物(県産品)

水田の汎用化

最終更新日[2014年11月5日]

水田の汎用化とは、水田として利用してきた農地を水稲作及び畑作のいずれにも利用できるようにすることです。
そのためには、ほ場を無湛水化することやほ場の地下水位を低下させることが必要であり、排水機場や排水路、暗渠排水などの整備を行う必要があります。

 

担当課室名 : 農村整備課
担当係(班) : 水資源農道班


 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。