総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 用語データベース ]  >  主要農作物奨励品種

農産物(県産品)

主要農作物奨励品種

最終更新日[2014年11月6日]

主要農作物種子法に基づき、各都道府県に普及すべき稲、麦、大豆(主要農作物)の優良な品種について、各都道府県が種子の生産、普及等を行うことになっています。
この各都道府県に普及された優良品種が主要農作物奨励品種と呼ばれています。各県が気象条件等の地域条件に応じ、奨励品種審査会等において奨励品種を定め、その普及を図っており、本県は、現在稲12、麦9,大豆2の計23の奨励品種を設けています。

 

主な主要農作物奨励品種
 稲  :コシヒカリ、森のくまさん、ヒノヒカリ、あきげしき、ヒヨクモチ等
 麦  :シロガネコムギ、チクゴイズミ、ミサトゴールデン、ニシノホシ等
 大豆:フクユタカ、すずおとめ

 

担当課室名 : 農産課
担当係(班) : 農産流通班


 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。