総合トップへ

農産物(県産品)

市民農園

最終更新日[2014年11月6日]

市民農園は、開設される場所、利用者、開設の主体及びその目的から「ふれあい農園」「ふるさと体験農園」、「レクリエーション農園」等様々な名称で呼ばれている、小面積の農地を利用する農園を指し、サラリーマン家庭や都市の住民がレクリエーションとしての自家用野菜・花の栽培、高齢者の生きがいつくりなど様々な機能を持ち、都市と農村の交流を図る有効な手段となっています。
また、近年、増加傾向にある遊休農地の解消策として、農地の有効利用を図るうえでも大きな意義をもっています。
市民農園の開設には、「市民農園整備促進法」等の適用を受けますが、付帯施設の整備や開設後の管理運営等については補助事業が設けられています。

 

担当課室名 : 農村・担い手支援課
担当係(班) : 農地班


 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。