総合トップへ

農産物(県産品)

持続農業法

最終更新日[2014年11月6日]

都道府県が地域に応じた持続性の高い農業生産方式の導入指針を定め、それに基づいた農業生産方式を導入する農業者を認定・支援しようとする法律のことです。
正式名称は「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」といい、平成11年7月に制定されました。この法律に基づき、「エコファーマー」が認定されています。
持続性の高い農業生産方式とは、(1)たい肥の施用等による土づくり、(2)化学肥料の使用低減、(3)化学合成農薬の使用低減を一体的に行う生産方式のことです。

 

担当課室名 : 農業技術課
担当係(班) : 環境保全型農業班


 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。