総合トップへ

農産物(県産品)

耕畜連携

最終更新日[2014年11月6日]

耕種農家と畜産農家が連携した取り組みのことを言います。
具体的には、耕種農家の稲ワラを畜産農家が飼料や敷料として利用したり、畜産農家の家畜排せつ物由来のたい肥を耕種農家が農地に還元するなどの取り組みが行われています。

 

担当課室名 : 畜産課
担当係(班) : 経営環境班


 


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。