総合トップへ

農産物(県産品)

熊本コーチン

最終更新日[2014年11月6日]

熊本で明治から大正時代にかけてつくられた「熊本種」の良質な肉質を生かしながら白ロックやシャモの血を導入して大型に改良した雄鶏を、ロードアイランドレッド種を基にして産卵性と増体性で改良した雌鶏に交配したもので、羽色は美しい褐色に揃い、強健で発育がよく、飼い易い鶏です。
通常ブロイラーの2倍近い生後116日齢までじっくりと肥育して食用に供するため、肉は赤味を帯びて弾力性があります。
適度な歯ごたえと、昔ながらの「こく」が味わえる鶏肉です。

 

担当課室名 : 畜産課
担当係(班) : 生産振興班


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。