総合トップへ
ホーム  >  農産物(県産品) [ 用語データベース ]  >  熊本県立農業大学校

農産物(県産品)

熊本県立農業大学校

最終更新日[2014年11月6日]

熊本県の農業を担う優れた青年農業者及び地域農業のリーダー育成を図る県下唯一の農業後継者養成教育機関として、昭和53年4月に菊池郡合志町に設置された農業改良助長法に基づく大学校です。 
平成17年3月までに2,334名の卒業生を送り出し、そのうち1,559名(66.8%)が農業に従事しています。
教育期間は2ヶ年、各学年定員は80名で幅広い教養と社会性、高度な専門的知識技術を培うとともに、実験・実習・演習等を通じて実践力を備えた人材の育成を目標に学生別プロジェクト学習活動等が行われています。
本校では、大型特殊(農耕用)免許、毒物劇物取扱責任者資格や危険物取扱資格等が取得できます。
また、全寮制も本校教育の特徴で、集団生活による自律と協調精神の涵養が図られています。   

 

担当課室名 : 農村・担い手支援課担い手支援室
担当係(班) : 就農・企業参入支援班


アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。